宿坊に泊まる@智積院 智積院会館


室内の様子

今回は智積院(ちしゃくいん)さんにお世話になりました。

3度目の宿坊体験。
京都旅行の目的の一つでもあります。

15時チェックインなのですが、
大分早めに着いてしまったので
先に荷物だけ置かせてもらいました。

ちなみに受付にいらっしゃったのはお坊さんでしたが、
とてもにこやかな対応で、
ちょっと面食らってしまいました。

すごく感じがよかったデス。

部屋に入ると、布団はこの状態で用意されていて、
自分たちで敷くようになっています。

室内は改装済みなのかとてもきれい。



テレビも有。

暖房がなかなか効かなかったので不安になりましたが、
夜には暖かくなってくれました。

むしろ暖房つけたまま眠ったので
夜中乾燥して大変だった・・・(汗)



お茶菓子セット

折り紙付デス。

ポットがあるのでいつでも温かいお茶が飲めます。
ティーバッグではなく
ちゃんとした茶葉なのは嬉しい〜

宿坊とはいえ、やはりお茶は飲みたいです(笑)

で、気になったのがこの灰皿。

ちょっと大きすぎませんか・・・?w



浴衣と薄いタオル、歯ブラシが用意されています。

部屋に用意されているアメニティはこれだけですが、
共同の浴室にはシャンプー・リンス・ボディソープが
置いてありました。

脱衣所は改装しているようで(たぶん)、とても清潔でしたが
浴室は少し古さも感じられ、浴槽もとても小さく
快適とは言い難かったかな?

ちなみにお風呂に入られる時間は決まっています。
(16時〜22時半まで)

門限は22時。(たしか)
宿に戻ったのが門限ギリギリだったのでドキドキしました(笑)

急いでお風呂に向かったのですが
もう誰もいなく(22時くらいだったから?)
時間との戦いでしたが、他の人を気にすることなく
お風呂に入れたのはよかったデス。



ハンガーと座布団は余るほど・・・




入口から和室を見るとこんな感じ




鏡もあります。

何気に有難い鏡でした。

そして気になるトイレはというと・・・




部屋の外にあります。

夜はちょっと怖かったけど、
1つ洋式(便座が温かいやつ)があったので
冬のこの寒い時期は助かりました(笑)



洗面所の様子

こちらも室外。

なんか小学校みたいじゃないですか?(笑)

各鏡の前にカラフルなコップが置いてあって、
整然と並んだ様子が可愛らしかったデス。

朝には洗顔するゲストの方達とここで出くわしましたが、
皆さん、夜中は蚊に悩まされたようです(汗)

杏の泊まった部屋にもでっかい蚊が飛んでいました。

なぜこの時期に!?

電気式のベープが部屋には置いてあったので、
普通に蚊が出ているようです・・・。

京都、めっさ寒かったのになぜ蚊がいるんだろう・・・

とりあえず、智積院の宿坊はこんな感じでした。

なんとなく宿の雰囲気は伝わったでしょうか・・・?


 この宿の情報は、2009年12月時のものです。


■ 智積院 智積院会館(ちしゃくいんかいかん)

〒605-0951
京都市東山区東大路七条下東瓦町964番地
TEL 075-541-5363
Fax 075-541-4167



JUGEMテーマ:京都
21:18 京都の旅 2010 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bali Modern: The Art of Tropical Living
Bali Modern: The Art of Tropical Living (JUGEMレビュー »)
Gianni Francione,Luca Invernizzi Tettoni,Luca Invernizzi
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND