English and Bahasa Indonesia


今日、このブログの引っ越しをしました。

引っ越しとはいえ、同じロリポップ内ですし
アドレスも今までと同じものなので変な感じです。

ただ、今まで以上に使い方がわからないのですが・・・(汗)

まぁ、なんとかなるでしょう。
と、言い続けてはや4年と数カ月・・・

ずいぶんと年月が経ってしまったものです。

最近はスマトラ沖での地震やバリ島での邦人の事故や事件等、
インドネシアからの悲しい知らせが多く、
どうにもやるせない気持ちになります。

被害に遭われた方々や、そのご遺族にまずはお悔やみを申し上げます。

クタの殺人事件に関して言えば、やはりどうしても自分に置き換えてしまい、
冷静な気持ちで捉えるのは難しいです。

私だったらどうしていただろう?

<部屋まで犯人を連れてきたのはホテルのスタッフ>
<相手は制服を着た警察官>
<そしてホテルスタッフもその男を警察官だと言う>
<自分に(または友人に)何らかの容疑がかかっている>

たぶん頭の中はパニックになると思います。

日本人のスタッフがいるような高級ホテルであれば
対応もまた変わってくるでしょうが、
私はロスメンや中級ホテルに泊まることが多いので
頼れる人は限られてくると思う。

翌朝まで待ってもらうとか、ホテルのスタッフに一緒に来てもらうとか、
代理店の人に相談するとか、事件のことを知った後でだと
何かしら考えることは出てきますが、この状況だったら
いくら真夜中とはいえ100% ついていかないとは言い切れません。

外務省の海外安全ホームページには、今回の事件に伴って
下記のような注意喚起が載せられています。(2009年9月30日付)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

インドネシア・バリ島:日本人観光客の誘拐・殺害事件の発生に伴う注意喚起

1.インドネシアで最も多くの観光客が訪れるリゾート地であるバリ島のク
 タ・レギャン地区で、日本人観光客が警察官を名乗る何者かに連れ去られ
 た上、殺害され遺体で発見されるという事件が発生しました。現地警察当
 局は捜査に努めていますが、依然として犯人は逃走中です。バリ島は全般
 的に治安が良いとされていますが、今後も何者かに連れ去られ犯罪に巻き
 込まれることも懸念されますので、十分な注意が必要です。

2.つきましては、インドネシア、特にバリ島に渡航を予定されている方
 は、今回日本人の誘拐・殺害事件が現に発生したことに留意し、最新の治
 安関連情報を収集するとともに、「目立たない」、「用心を怠らない」、
 「行動を予知されない」の3原則を念頭に置いて行動し、相手の要求には
 不用意に応じないなど、誘拐被害の未然防止に努めてください。さらに、
 旅程と宿泊先を家族や知り合い等に残すようお願いします。また、既に同
 地域に滞在されている方は、常に最新の治安関連情報の収集に努め、不測
 の事態に巻き込まれることのないよう、引き続き十分に注意してください。

3.なお、今回の事件では、偽警察官が宿泊先のホテルに侵入し、被害者を
 連れ出していることからも、ホテル等宿泊先を選ぶ際には、十分な安全対
 策、例えば監視カメラが設置されるなど外部の者が容易に出入りできない
 ような措置が施された施設を選ぶよう、心がけてください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2009年10月6日現在、犯人は警察によって逮捕されましたが、
本当に二度とこのような事件が起こらないことを願うばかりです。

そしてこれからバリへ行かれる方は、ぜひバリ島(インドネシア)で
何が起こっているのか、どんなトラブルや事故が起こりやすいのかを
知ってから出かけて欲しいと思います。      

外務省の海外安全ホームページや、ガイドブック等を参考にする
などして、少しでも自分の身を守れるように、緊急時の連絡先や
日本語の通じる病院等、事前に調べてから旅立っていただければ、
と思います。



バリは大好きな島ではあるけれども、いい面もあれば悪い面もあります。

どこの国でも同じですが、いい人もいれば悪い人もいる。

リラックスするためにバリに行く人は多いと思いますが、
自戒の意味も込めて、くれぐれも油断はしないように、
気をつけて楽しんでほしいと思います。

気を張りつつリラックスするのって、なんか無茶な話な気がするけれど、
適度な緊張感は必要なのかもしれません。

そして今回改めて思ったのは・・・

バリや外国で、災害や事故・事件に遭遇した時に、
最低限の自分の意志や助けを伝えられるよう、
なるべく英語やインドネシア語を話せるように
勉強していきたいと思います。

以前から英語とインドネシア語は勉強しなきゃ・・・
とは思っていたのですが
インドネシア語に関しては5カ月以上本を開くことさえなく・・・(汗)

で。

決意新たに、ときどきはブログを英語やインドネシア語で
書くようにしたいと思います。
そうでもしないとなかなか勉強できんから・・・(汗)

本当にときどきだと思うけど・・・

たまに、、、かもしれないが・・・(ああ決意が・・・)

間違った表現等、やたらと出てくると思いますが、
気にしないで下さるとありがたいです。





 

猫さん達の一言コメントとかはバハサになる予感・・・

一日一単語覚えるだけでも違いますものね。

ええ・・・、わかっているのですがこれが難しい(汗)

少しづつ・・・焦らずに。
21:16 Bahasa Indonesia comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bali Modern: The Art of Tropical Living
Bali Modern: The Art of Tropical Living (JUGEMレビュー »)
Gianni Francione,Luca Invernizzi Tettoni,Luca Invernizzi
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND