サヌールでの移動手段 ベモ OR タクシー?


サヌール内の移動、皆さんどうされてますか?

杏はもっぱらベモを利用していたのですが、
今回意外とタクシーが便利だとゆーことに気付いて
しまいました(遅い?w)

サヌール内でしたらワンメーター(Rp.5.000)で
行けるところも少なくないので、
2人以上であればメータータクシーの方が
楽だしお得かもしれません。

ちなみにベモとは、決まったルートをぐ〜るぐると巡回している
乗合カーのことです。
メイン通りのJl.Tamblinganを通っているので、
この通りを散歩する時にはめちゃ便利です。

一度友人と2人でベモに乗って、
距離も短かったので
1人Rp.2.000支払ったところ、運転手のおじさんに
「1人Rp.3.000」と言われてしまいました。

その前は同じくらいの距離で
2人でRp.3.000でも大丈夫だったのに・・・
(この時はRp.1.000札が3枚しかなかったの・・・)
ダメ元で差し出したら、何事もなくOKだったので
ホントにこれは運転手さんにも依るのだと思います。

杏はだいたい、50(歩けよw)〜500メートルくらいだと、
Rp.2.000支払って、「足りない」と言われたり
難しい顔で首を横に振られたら、Rp.1.000足します。

ちょっと長めかな、と思ったらRp.3.000〜Rp.4.000。
で、これも「足りない」と言われたらRp.1.000足します。

絶対に自分から「いくら?」とか「いくら足りないの?」とは
聞きません(笑)

不安な顔はせず、威圧的にもならず、
毎日ベモに乗ってます。という雰囲気を出しつつ
「あれっ足りなかった?意外やんね」みたいな顔(どんな顔?)で
Rp.1.000渡し、笑顔で「サンパイ ジュンパッ(またね)」と
言ってササッと去ります(笑)

これで引き止められたことはまだないので、
金額がよっぽど足りない場合以外は大丈夫だと思います。

乗った時に行き先を告げたりもしません。
たまに運転手さんから「どこまで?」と聞かれたりすると
ルート沿いに目的地があれば、その名前くらいならいいます。
でも「いくらですか?」とかは聞きません。

「5万ルピアね。」とか言われても(←明らかに高い)
何を言ってるのかわからないフリをします。
聞こえないフリもします(笑)

目的地がルート上になくて、降りた後歩こうと思っているときは、
ルート上の一番近くにある、目印になりそうなお店の名前を
言います。
ルート上にない目的地を言ってしまうと、
その時点で白タク化して、連れて行かれて高額請求される
かもしれないので、なるべくルート上にある場所しか
言わないようにしています。

皆が皆白タクになるわけじゃないのですが、
なるべく面倒は避けたいので、私はいつも上記のように
しています。

サヌールに初めて泊まろうと決めた時、
こちらのサイト<サヌール ベモマップ保存版>
プリントアウトして持っていきました(笑)

サヌールを走っているベモのルートが記載されているので
ものすんごく便利デスおはな

::::::::::::::::: ベモの乗り方(杏の場合):::::::::::::::

メイン通りを歩いてると、タクシーやベモが「ブッブッ」と
音を出して合図してきます。

行きたい方向に走ってるベモで、乗る意思があれば
手をちょっと挙げて合図をすると、すぐに停まってくれます。

乗るときに「スラマッ シアン(こんにちは)」とか言いながら
乗り込んで、目的地を通り過ぎないよう、
窓の外を眺めます。

余裕があれば窓の外の景色を楽しんだり
乗り合わせたローカルの人や観光客との交流を楽しむのも
いいかもしれません。

私は目的地を見逃すことが結構多いので、
車内であまりヨユーはありません(汗)

ただドアや窓が開いてるので、
風を感じられるのはすごく気持ちがいいデス。

で、目的地が近づいたら、大きな声で
「ストッパー」と言ったら停めてくれます。
これも上記のyasuoさんのサイトで読んだことがあった気がする
のですが、今探したら見つからなかった(汗)

「ストップ、バパッ(男性の敬称)」の略した意味だと
書いてあった記憶があるけど、かなり自信はない・・・(汗)

他にも「ストップ」や「ストップ、プリーズ」でも何でもいいので、
取り合えず声をかければ停まってくれます。

で、車が停まったら・・・
車から降りて、開いている助手席の窓越しに
「テリマカシ(ありがとう)」と言いながら
お金を渡します。

車内ではなく、降りた後支払うのが一般的のようデス。

あくまでフレンドリーに、でもなめられない様に不安な顔はせず
笑顔で渡したら終了〜。

今まで嫌な思いをしたことはほとんどありません。

外国人だし、地元の人のベモを使わせてもらっているので、
少しぐらい多めに払うのは覚悟した方がいいと思います。

とはいえ、自分が払っている料金が安いのか高いのか、
それはよくわからん・・・。

今回はメイン通りから少し奥まった所に泊まっていたため
荷物が多い時や暑い時は、ベモではなくメータータクシーの
お世話になりまくってました。

だいたい50円とか、少し遠い場所からでも200円くらいで済んだので。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ちょっと気になったので、「サヌール、ベモ、料金」で
検索をかけてみました。

そしたらだいたいRp.3.000〜Rp.5.000くらいの幅のようですね。

距離に関わらずRp.5.000で統一したとゆー記事もありましたが、
私が利用した5月の時点では、Rp.2.000-3.000(短距離)でも大丈夫でした。

あんまり神経質にならずに乗れば楽しいと思います。(たぶん)
足りなければお金を足せばいいのですから。

支払いの時は、1万ルピアや2万ルピア札だと
細かいお金がないと言われたり、お釣りをもらえなかったりするので
Rp.1.000札を乗る前から用意しておくと安心デス。

あまりにも無茶な請求をされたら、もうRp.5.000置いて
去ればいいと思います。

サヌールのメイン通り沿いであれば、端から端でも
Rp.5.000で十分だと思うので・・・。

悪質な運転手で、もっと高額請求をされたら・・・
私だったらRp.10.000くらいまでなら払うかな?
戦うかな?どうだろう(笑)

日本円だと100円くらいでしょうか。
50円とか100円の金額で、せっかくの旅行中に
嫌な思いをするのは避けたいので・・・。
戦うと疲れるし、勝っても後味がほんとーに悪いのです・・・。

値段が気になって落ち着かないとゆー方には
もうメータータクシーをオススメいたします。

Rp.5.000に統一されるのであれば、
これからは近場はメータータクシー、
ルート内の長距離はベモ、ってな具合で
使い分けることになるかも・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ワッ! ここに書いた杏のベモの乗り方や料金は、2009年5月時のものです。

「サヌールでベモに乗りたいけどちょっと怖いな」と思ってる方の
参考になればと思い書いてみました。

あくまで「私はこうしてます/こうするだろう」的なものですので、
鵜呑みにせずその時のご自分の判断で、料金や乗り方等のスタイルを決めていって下さいまし。


「これが正解」ってのはバリにおいては存在しないようなものなので・・・

バリでは融通が利かず、ムキーとなることも多々ありますが、
ベモに関してはかなり融通が利くと思います(笑)

ルートから外れていても、他に乗ってる人がいなければ
「○○まで●●ルピアで行ってくれる?」と交渉して
タクシーのように利用することも出来ます。

私はこの交渉が面倒&苦手なので、
1度しか試したことはありませんが、
コミュニケーションに自信がある方や、ベモ上等(?)ってな
時にはいいかもしれません・・・。

友人の友人は、サヌールのベモでウブドまで行ったそうです(ツワモノ〜)
もちろん料金を交渉したそうなのですが、ものすごい破格でした(笑)
(お尻は絶対痛くなったと思う・・・w)

マナーとしては、人が乗ってきたら奥に詰めるとか挨拶をするとか、
そのくらいしか思いつきません・・・。

くれぐれも忘れ物やお財布等の貴重品には注意して下さい〜自動車


上の画像は、数年前にベモ内で一緒になった地元の女の子です。
学校帰りだったのかな?
すごいシャイだったんだけど、はにかんだ笑顔が可愛かったデス。

22:18 BALI 全般 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://anzu.lovelovebali.com/trackback/934157
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bali Modern: The Art of Tropical Living
Bali Modern: The Art of Tropical Living (JUGEMレビュー »)
Gianni Francione,Luca Invernizzi Tettoni,Luca Invernizzi
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND