宿坊に泊まる@知恩院 和順会館


和順会館 外観

宿坊(しゅくぼう)というのは、お寺に併設されてる宿泊施設のことを
言うそうです。

大抵、朝のお勤めに参加(見学)出来たりする特権?があり、
普通の宿では味わえないお寺の楽しみ方ができます。

お寺によって、色々あるようですが、
この知恩院は自由参加制で、6:30にロビーに集合して
朝のお勤めを見学させてもらえました。



部屋の様子はこんな感じ。

広いです〜。
お布団は各自で敷きます。

一応お茶セットも置いてありましたが
ポットのお湯がぬるくて、お茶がでなんだ(笑)。



暖房は調節はできないけれど、効いているので
寒くて眠れないってなことはありませんでした。

セーター着て寝たけど(笑)

朝食は7時から9時の間で、
お風呂は夜の10時まで。
門限は23時です。

トイレが部屋に付いてないのが不便だったけど、
(夜中はちょっと怖かったw)
想像していたより快適でした。



ベランダから見た国宝の三門。

チラッと見えてます(笑)。



実際はこんなにも堂々とした風情。

圧倒されちゃう。



家に戻ってから知ったのだけれど、
ここは、映画ラストサムライでトムクルーズも歩いた
石段だそう・・・。
もっと味わえば良かった・・・(笑)



長い石段を登った後、本殿のある場所にたどり着きます。

私、この時すでに息あがってました。
そして息白い。
空気が冷たい!
冷気(霊気?)が漂うこの空間。
なんか妙に落ち着きます。



こちらの中にも入らせていただきました。

本殿での読経が終わった後、もうこれで終わりなのかな?
と思ったら、お寺のお坊さんから説法を聞くことが出来て
これがすごくいい話だった。

その時のお話が、

「慈悲とは何か」

で、その方は

慈悲とは「愛」

愛だと思います。とゆーお話でした。
男女の愛とは違う、仏教でいう「愛」なのかな。

難しい言葉ではなくて、身近にあった出来事を通して
話してくださいました。

なんだか心温まる、いい時間を過ごすことが出来ました。

私は「慈悲とは何か」と問われたとき
すぐに頭に浮かんだのが「許すこと」だったかな?

禅問答のようなやりとりはあまり好きではない
杏ですが、このような形で聞くと
すごく心にしみ入りました(単純w?)

杏は仏教徒ですが、普段の生活では実践していません。
でもこんな風にお寺に行ってみると、
なんとなく身が引き締まり、すごく清々しい気持ちに
なれました。

朝のお勤め、また参加してみたいです。

ちなみに・・・

相方さんは朝弱いので不参加・・・(笑)

1人で参加している人も沢山いましたヨ。

6時半集合で、終わって宿に戻ったらだいたい8時半になってました。

おゥ 意外と時間が経ってたのね。

慌てて相方さんを起こして朝食を食べに行きました。



シンプルな朝定食

精進料理ではありませんが、お腹めっさ空いていたので
とても美味しかった。

普段朝ごはんを食べない(食べられない?)相方さんも完食!

ごちそうさまでした。

でもってお世話になりました!

今度はもっと勉強してから行ってみたいと思います。
知恩院には七不思議という面白い話しもあるのですが
全然知らないで泊まってました・・・。
そんなのってもったいない!

そして色々なお寺を見たいと思います。

赤い旗 知恩院 和順会館 WEB

浄土宗総本山知恩院 和順会館 
〒605-8686 京都市東山区林下町400
TEL 075-541-5141
14:54 京都の旅 2008 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://anzu.lovelovebali.com/trackback/751525
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bali Modern: The Art of Tropical Living
Bali Modern: The Art of Tropical Living (JUGEMレビュー »)
Gianni Francione,Luca Invernizzi Tettoni,Luca Invernizzi
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND