ゆふいん月燈庵 〜夕食編〜


さて。

待ちに待った食事の時間がやってまいりましたっ。

18時から20時まで、
30分間隔での予約となっていて、私達は18時半に予約を。

食事は部屋食ではなく、母屋にある食事処でいただくことになります。
部屋は離れにあるので、この距離がちょっと面倒だったかな・・・。

部屋食にするなら、別料金として1人5000円ちょいかかるので
やめました(汗)。

夜のつり橋は、雰囲気はあるがちと怖い・・・。



食事処の様子

先にお客さんが何組かいたので、この角度でしか撮れませんでした汗
大広間に、引き戸で仕切りをし、私達の部屋にはテーブルが4つ。

程よい距離感で、そんなに他の人達が気になりません。

(ウソだけどw)



高い天井の様子

この照明が、とてもこの建物の雰囲気に合っていてステキでした。



きのこオレンジ 食前酒の梅酒 ←すっごく美味しかった!

きのこレッド 小鉢:柿生寿 

きのこレッド 前菜:八種盛り

柿のなます?(あて字?)は、酢も強くなくて、とても
上品な味付けでした。さっぱりしていて、とても美味。
いくらさんのアクセントがまた効いていて、すごい好みの味でした。

前菜は、苦手な味もあったけど、まずまず・・・。



きのこレッド 柿生寿のアップ<左側> アップになってない?w

きのこレッド 椀物:海老真丈<右側>

このすまし汁の出汁がすごい美味しい〜。
海老真丈はフワフワで、味もよくわからなくて(笑)、
あんまり印象に残らなかったけど、お汁が美味しくて〜。
お魚から取ったんじゃないかしら、鯛とか。←自信なし

スタッフの方に聞いてみたんだけど、それぞれの板前さんは
自分のレシピは秘密にするので、わからないそう(笑)。
いやはや、厳しい世界です・・・。



きのこレッド 造里:刺身盛り合わせ 二人分

鯛のお刺身が美味しかった!
湯布院って山なのに、新鮮なお魚でしたヨ。
ハマチ(たぶん)は、ちょっとコッテリしすぎてて
食べ切れませんでした・・・。もったいない・・・。



きのこレッド 煮物:穴子茄子<左側>

穴子と茄子の組み合わせ・・・初めて食べましたが、優しい味付けで、
食べやすかったです。
でも杏は穴子の小骨が苦手なので、あまり美味しくは
頂けなかった・・・。(申し訳ない)

きのこレッド 揚物:山菜の天麩羅<右側>

カボス入りの塩で頂きます。

お花のようなモノはふきのとうで、噛んでビックリ。
香りがふわっ〜って広がりました。
そんでもって、独特の苦みも・・・(笑)
好きな人は、めっさ好きだと思う。

ふきの香りが苦手な人は、めっさ苦手だと思う(笑)。

どれも揚げたてアツアツなのが嬉しいですネ。

杏は部屋食であってほしかったけれど、部屋食だとさすがに
こんなにアツアツなものは食べられませんから、これはこれで
よかったのかも。



きのこレッド 蒸物:百合根蒸し<左側>

杏は百合根が大好きです。
お正月にしか食べられないイメージがあるのですが、
今年は、手抜きおせちの為食べられなかったので(笑)、
ここで食べられて嬉しかったデス。

しかし杏の百合根のイメージとはかなり違った一品でした・・・。

すってフワフワのダンゴにしてあるので、百合根のあの食感が
味わえなかったのは残念。
それでもとろとろのアンの味付けも美味しくて、キレイサッパリ
完食〜。

月燈庵の料理は、どれも上品な味付けで統一してある気がします。
希望すれば塩分控えめの料理や、ご飯をおかゆに変えてくれる
サービスがあるのも嬉しい。

事前に連絡すれば、食べられない食材も考慮してくれるので、
杏は、「ウニ・生の貝類・馬刺し・春菊」が食べられませんと
ワガママメールを送っておきました(汗)。

きのこレッド テーブルに置いてあった由布岳の案内

葉っぱに書かれていて、ちょっとしたことですが心和みます。
そーいえば、ここは菜の花の箸置きでした。
これ、すごいナイスなアイデアだと思います。



きのこレッド 台物:豊後牛ステーキ

じゅーじゅー音をたててマス。
これは二人分。塩を振りかけて頂きます。
ちゃんと切り分けてくれていて、食べやすかった。
口に入れたら、溶けるぐらいやわらかい〜モゴモゴ
生まれて初めて食べた豊後牛
こんなに美味しいとは思わなかったです。

付け合わせのアスパラも甘くて美味しかった!



きのこレッド 酢物:平目の薄造り<左側>

きのこレッド 鍋物:地鶏鍋<右側>

平目は、山芋と紅葉おろしを巻き巻きして、ポン酢でいただきます。
ここまでくると、さすがにお腹も一杯になっていたのですが、
サッパリしているし、美味しいから完食してしまった(笑)。
山芋のシャキシャキ感もたまりません。

地鶏鍋は・・・かなり甘い味付けでした。
これはちょっと中途半端だったかな?
もう少しパンチを効かせるか、上品にまとめるか、
どちらかにしてほしかったデス。

でも地鶏そのものは鶏特有のクセが全くなくて、美味しかった。



きのこレッド 赤だし・香物・白米

きのこレッド 果物:三点盛り 

この辺りになると、もう何を食べても苦しいんじゃないかな・・・(汗)
それでも、ほぼ食べ切れたので、量的にはそんなに多いほうじゃないと
思います。
杏は、一気にガッポリ食べられない人なので、
(かといって、小食というわけではなく、チマチマ回数が多いの・・・)
たぶん適量か、やや少なめの方だと思う・・・。

たぶん・・・汗

えっと・・・ご飯が入っている竹の器がステキでした。
ちょっと気になったのが、ご飯のやわらかさ。
やわらかすぎ(笑)。
べちょべちょで、ちょっと悲しかったデス。

最後のデザートの、柚子シャーベットがサッパリしていて
〆としては最適でしたモグモグ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちゃんと「食べられないワガママ素材」も出ないよう配慮してくれて、
気持ちのいい夕食タイムとなりました。

全体の感想としては、「ものすごい美味しい」という感じでは
なかったけれど、
対応してくれたスタッフの方が素晴らしい人で、その分好印象〜星

食べ終わったら20時半ぐらいだった(!)
すごい。こんなにゆっくりご飯食べたの久しぶりデス(笑)。

ふぅ。
関係ないけど、こんなに長い日記書いたの初めてかも(笑)。
疲れました・・・。

今日はこの辺で・・・(笑)。

ゆふいん月燈庵 WEB
06:52 湯布院温泉 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://anzu.lovelovebali.com/trackback/636765
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bali Modern: The Art of Tropical Living
Bali Modern: The Art of Tropical Living (JUGEMレビュー »)
Gianni Francione,Luca Invernizzi Tettoni,Luca Invernizzi
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND