京の朝食@イノダコーヒ


京都で最後にお茶する場所に選んだのは、

老舗のイノダコーヒです。

本店ではなく清水寺に近い清水支店で。



時間的に、ギリギリ朝食メニューに間に合いました。

宿でしっかり朝食食べてたんだけど、
ここのモーニング、美味しいと評判だったので
迷わずオーダー(笑)



バターたっぷりのスクランブルエッグにイノダ自慢のハム、

カリカリクロワッサンにオレンジジュース、

そしてコーヒーのセットです。



コーヒーはアメリカンタイプの「コロンビアのエメラルド」。

「アラビアの真珠」というコーヒーを最初オーダーしたら、
かなり濃いので、ブラックで飲むのならコロンビアのエメラルドを
オススメされました。

確かに、杏にとってはアメリカンで丁度いい濃さでした。

この分厚いカップもいい感じ。



庭から見た清水店の様子

さすがに寒いのでテラス席は使っていませんでした。



裏庭は日本庭園になってます。

気候がよくなって天気が良ければテラス席は特等席かも。



こーゆー天井、大好き。

……………………………………

京都の老舗カフェ「イノダコーヒ」

「コーヒー」と伸ばしちゃいけないそうです(笑)

美味しいクロワッサンとコーヒーには大満足だったけれど、
グリーンアスパラは水っぽくて残念。

普通に美味しい朝食でしたが
感動するまでには至りませんでした。

ちょっと期待しすぎたかな?(またしても。汗)

前日食べた仁寿殿ゲストハウスの朝食が美味しすぎたからかもだけど(笑)

今だに思い出すとうっとりしちゃう、、、あの朝食。

次回イノダコーヒに行ったらケーキセットを頼もうかな。

美味しそうなケーキがショーケースにあったので・・・(笑)

雰囲気は落ち着いた感じですごくよかったデス。

赤い旗 イノダコーヒ 清水支店 WEB
〒605-0862
京都市東山区清水3-334
075-532-5700(FAX共通)
9:00〜17:00(年中無休)
全100席

11:54 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
宿坊に泊まる@西本願寺 聞法会館


聞法会館 外観

今回お世話になった宿坊は、西本願寺のお隣にある
聞法会館さんです。

京都駅からもタクシーですぐ。
歩いても来られる範囲だそう。(本当ですか!?)



ラウンジの様子

お正月バージョンでしょうか。

甘酒やお茶なども飲めるようになっていました。



和洋室の様子

聞法会館には3種類のお部屋があり、和室・洋室・和洋室と
好みに合わせて選べるようになっています。

和室が満室でこの和洋室タイプを選んだのですが、
お布団を敷く必要もないし、和と洋、両方味わえるので
この和洋室でよかったかも。



4畳半の和室が落ち着きます。



ユニットバスも部屋に有

部屋にトイレが付いてるのはありがたい(笑)

昨年泊まった知恩院・和順会館は、部屋にトイレがついてなくて
かなり不便だったから・・・。

大浴場が地下にあって、16時〜22時までの時間帯だったら
入れるようになっています。

全然期待しないでいったら、かなり立派な大浴場でびっくりしました。

ジャグジー付だったし!

宿泊料金を抑えたい普通の旅行客の方にも良さそうデス。



ここにもティファール!(笑)

施設内に自販機も(ビールも売ってた)あるし
ここはホントーにビジネスホテルの感覚です。



クローゼットの様子

セイフティーボックスも有

スリッパまであるし・・・

朝食ナシの素泊まりもできますが、杏たちは朝食を
付けてもらいました。

地下にある立派なレストランでいただきます。

和食、洋食両方あるブッフェ式の朝ごはんでした。

(食べ終わってから写真撮ってないことに気付いたの・・・ごめん)



部屋の窓からの景色



阿弥陀堂(総御堂)の様子

楽しみにしていた朝の参拝。

以前宿泊した知恩院では、ロビーに集合してから
本殿へ連れて行かれましたが、
ここは勝手に行って入ってて下さいとゆー感じ。

そして宿泊客じゃなくても参拝できるそう。(何気にショック)

参加者は、たぶん宿泊客より信者の方が多かったと思う。
暗唱してる方も沢山いました。



ここの朝のお勤めは、お坊さんと一緒にお経を唱える形式でした。

貸し出し用の経本が置いてあるので、何気なく
それを借りてたのだけれど、もし手元になかったら
ものすごーく「取り残され」感の強いお勤めになってたと思う(汗)

そして一緒にお経を唱えるのって、
最初は照れもあって控え気味にしていたのだけれど、
だんだん声を出すのが気持ち良くなってきて
一生懸命唱えちゃってました(笑)

あれ、意外と体力いります。

複式呼吸できないと難しいのかも。

杏は苦しくて途中何度も息継ぎを・・・。

1時間ほどの読経の後、解散・・・(ちーん)

えっ もう終わり!?(物足りなげな杏)

 ………………………………………

えっと・・・。

ものすごーく個人的な感想だけど、
私は昨年泊まった知恩院の時のほうが、感動が大きかったデス。

泊まった時の様子は→こちら

杏は霊感ゼロだけど、あの境内には何かが感じられたし。

ただの冷気じゃ・・という意見も有・・・(汗)

ここは緑も少ないせいか、なんか埃っぽいとゆーか
空気が澄んでないような・・・
圧倒されるような「何か」が欠けてるというか・・・。
うまく説明出来ないのだけれど。

世界遺産のくせに(関係ない?)

そんなわけで、ちょっと首をかしげながらの
新年の幕開けとなってしまいました(笑)

宿はもう宿坊とゆージャンルじゃないと思う。

レセプションスタッフがお坊さんじゃないし!(しかも笑顔の接客)

どの階にも照明が明々と点いてたし!

テレビの番組表まで置いてあったし!

部屋にトイレついてたし!

じゃあいいじゃん!ってこと?(笑)

快適さでいえば、聞法会館は群を抜く快適度かもしれないけれど、
私は、みょーに知恩院のあの薄暗い和順会館が懐かしかったデス。

あんまり書くと罰が当たりそうなんで(小心者)、
ネガティブなことはこれ以上は書きませんが、
なんちゃってでも宿坊体験をしたかったので
少し物足りなかった・・・てのが本音かな?
(あ、書いちゃった)

ワッ!この宿の情報は、2009年1月時のものです。

赤い旗 西本願寺 聞法会館 WEB
〒600-8357 京都府京都市下京区堀川通花屋町上ル
TEL(075)342-1122 FAX(075)342-1125
10:32 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
仁寿殿ゲストハウス京都 〜その他編〜


ステキな京都のお宿、仁寿殿ゲストハウス。

何ともいえない落ち着いた雰囲気で
とても気に入ってしまいました。



お夜食のにぎり♪

宿の近所にある祇園寿司さんでブンクスに。
美味しかったデス。



これはルームサービスで頼んだカマンベールなんとか・・・

ガーリックトーストの上に、カマンベールを乗せて
トースターで焼いてるだけだと思うんだけど、
すごーく美味しいの♪♪

これは家でも真似できそう!

おつまみにピッタリ。

食べ物のルームサービスメニューが少ないのが
少し残念かな。

サンドウィッチやリゾットとかあれば
絶対部屋とか読書室で食べてたと思う。

そして引きこもり・・・?(汗)



ゲストハウスへ入るのにも鍵が必要デス

仁寿殿への入り口と、ここの入り口、そして部屋のドア、
計3か所ロックしてることになります。

滞在時には雨が降っていたので、
ゲストハウスとメインハウスが離れていたのが
ちょっと不便だったかな。

旅館ともホテルとも違うので、
至れり尽くせり、とゆーサービスとは違いますが、
「温かいおもてなし」という言葉がピッタリです。

特にここの朝食は素晴らしい〜ラブラブ

あんな朝食、毎日食べたいよ・・・

(・・・じゃあ作れよ、という提案は却下)

1泊でしたがお世話になりました♪

また機会があればぜひ泊まりに行きたいと思います。


ワッ! このゲストハウスの情報は2009年1月時のものです

赤い旗 仁寿殿(じじゅうでん)ゲストハウス京都 WEB

〒603-8363 京都市北区衣笠総門町1番地
TEL: 075-466-2112
FAX: 075-462-3286


06:26 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
仁寿殿ゲストハウス京都 〜朝食編〜


3連休が終わってしまいましたネ(涙)

京都の記憶が薄れないうちに、
なんとかアップを終わらせたいので結構必死デス。

さて。
私が一番の楽しみにしていた朝ごはん。

仁寿殿ゲストハウスの朝食はかなり美味しいと
聞いていたので、すんごい楽しみにしていました(笑)



喫茶室の様子

ここで朝食をとります。(読書室でも食べられるみたい)

通常500円でパンとコーヒーの簡単な朝食、
1500円だと、卵やスープのついたフルブレックファストが
食べられます。

杏はこのフルブレックファストを夢見ていました・・・。

なので・・・

チェックインの時に、+1.500円でお雑煮バージョンの
朝食にすることができますよ、と案内された時は大ショック冷や汗!!

ダメもとで
「よ、洋食の朝食を楽しみにしていたのですが・・・」と言ったら
スタッフの方、しばし消えること数分・・・

再び戻ってきて、
少し遅めの時間でしたらお作りすることが出来ますとの返事が!

よかった!!豚

朝食に全く興味のない相方さんは、
なぜ私がそんなに必死なのか不思議そうに見てました(笑)



こちらが相方さんのお正月バージョンの朝食

白みそのお雑煮デス。(おかわり出来ます♪)

実は杏はお雑煮のお餅が食べられません(汗)
結局、今年はお餅を一つも食べてないことに今気付いたし・・・。

まぁ そんなことは置いといて・・・。

とても上品なお正月バージョンでした。



そしてこちらが私が無理を言ってお願いした洋食バージョン♪

ワイングラスに入ってるのは葡萄のジュース。

もうね・・・

こんな美味しい朝食食べたらビックリするよ(笑)

スープはカブと玉ネギと人参のポタージュスープでした。
相方さんと当てっこしたんだけど、当たらなかった(笑)
すごい優しい味で、うふふってなります。

パンもふんわりしてて美味♪

野菜は年末のストックだと言ってたけれど、
すごい元気のいいお野菜でした。

かぼちゃのサラダもウマウマだったし・・・
十分美味しかったデス。



食後のコーヒーも美味しい(幸)

デザートに、リンゴとイチゴが登場したのですが、
うっかり撮り忘れてしまいました(汗)

イチゴは酸っぱくてりんごは激アマでした(笑)

美しくて美味しい朝食に大満足♪♪

ステキな朝食をテリマカシ!!


ワッ! このゲストハウスの情報は2009年1月時のものです

赤い旗 仁寿殿(じじゅうでん)ゲストハウス京都 WEB

〒603-8363 京都市北区衣笠総門町1番地
TEL: 075-466-2112
FAX: 075-462-3286 

18:49 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
仁寿殿ゲストハウス京都 〜読書室編〜


メインハウスには、本当にステキな読書室があります。



ここで喫茶室のメニューを頼むこともできるそう。



CD物色中の相方さん@真剣w



ネットも出来ます。

しかもプリントアウトも!



部屋に掛けられてる浮世絵もステキ。



何を選ぼうか迷ってしまうほど種類があります。

写真集や、英語の本もありました。

CDはクラシックやジャズなど、ジャンル別にちゃんと
分けられてて探すのに便利。
(途中で気付いたんだけど。笑)



杏は写真集2冊をチョイス。

この「リゾート王国」にはバリのホテルも何軒か載っていて
何だかすごく嬉しかった。



杏達が読書室にいると、オーナーさんとスタッフの方が
お茶を持ってきてくれました。

こんなさり気ない気配りが嬉しいデス♪

お二人とも物腰がとても柔らかでステキでした。


ワッ! このゲストハウスの情報は2009年1月時のものです

赤い旗 仁寿殿(じじゅうでん)ゲストハウス京都 WEB

〒603-8363 京都市北区衣笠総門町1番地
TEL: 075-466-2112
FAX: 075-462-3286
18:23 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
仁寿殿ゲストハウス京都 〜お風呂編〜


バスルームは真っ白!

バスタブの大きさも丁度いい感じ。
欲を言えばバスピローがあれば更に居心地よさそう・・・

寝ちゃうかな?(笑)

キレイなだけでなく、全自動で機能的にもかなり優秀。



全てのタオルに「仁寿殿」のロゴ入り

赤いポイントで可愛いデス。



充実アメニティ

スタンドミラーは、拡大鏡にはなってなかったけど、
部屋でメイクをしたい時には便利でした。



POLAのシリーズで統一。
基礎化粧品まで用意されてマス。

もちろん泡アワにして入りました(幸)

音楽を聴きながらのバスタイムは本当に至福の時間デス。


ワッ! このゲストハウスの情報は2009年1月時のものです

赤い旗 仁寿殿(じじゅうでん)ゲストハウス京都 WEB

〒603-8363 京都市北区衣笠総門町1番地
TEL: 075-466-2112
FAX: 075-462-3286


09:24 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
仁寿殿ゲストハウス京都 〜お部屋編 その2〜


TVの他にCDプレイヤーも置いてあります。

DVDも見られれば完璧?(ゼータク?w)

この部屋にはボサノヴァが合う気がします。
普段滅多に聴かないけど(笑)

メインハウスの読書室に本やCDがたーくさん置いてあるので、
選ぶのに一苦労でした(笑)

スピーカーが浴室にも付いてるので
音楽を聴きながらお風呂に入れて嬉しい♪



この間接照明の使い方もステキ。



座りたくなるチェア

オットマンもあればいいのに!



クローゼットの様子

バスローブとパジャマが用意されていました。

バスローブの着心地が最高デス(幸)



セーフティボックスも完備



冷蔵庫の中

ミネラルウォーターはフリーでした。美味デス。



ベランダの様子

室内禁煙(たぶん)なので、吸いたくなったらここで・・・

相方さん、震えながら吸ってました(笑)



ベランダから見たメインハウスの様子

残念ながら2階からの眺めはあまりよくありません。

民家&小学校ビュー?

これだったら1階のお庭ビューの方がいいかも。



はるか遠くに「左大文字」が・・・(見えますか?)

この付近は本当に静か。

金閣寺にも近く、
ゆっくり滞在するにはとてもいいロケーションだと思います。

それでは次はバスルームを見てみましょう〜

次回につづく・・・

ワッ! このゲストハウスの情報は2009年1月時のものです

赤い旗 仁寿殿(じじゅうでん)ゲストハウス京都 WEB

〒603-8363 京都市北区衣笠総門町1番地
TEL: 075-466-2112
FAX: 075-462-3286
09:33 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
仁寿殿ゲストハウス京都 〜お部屋編 その1〜


部屋の様子

蘇芳(すおう)という名のついた2階の部屋です。



ちょっとリゾート風。

この部屋のポイントカラーは赤。
元気がでそうです。

各部屋でカラーやインテリアが微妙に違うので、
予約時に、どの部屋にするかすんごい悩みました(笑)



加湿機だと思い込んでいた白い物体は・・・



ライトでした〜♪

このライト、目に優しいそうです。
ここでなら読書も楽しめそう。



キッチンも付いてます。

旅先で料理!?

杏は有り得ないと思ったけど、長期滞在の方には
便利かな?

電子レンジがあるのは嬉しいです。

お鍋も一つ置いてありました。

食器は大きなお皿一枚のみ。
しかもウェッジウッドの!
割ってしまいそうで使えない・・・(笑)



お茶とコーヒーのサービス♪

このティファールの湯沸かしポット、
すんごい速さでお湯になりました(笑)

紅茶、せん茶、ほうじ茶が用意されてました。

コーヒーはドリップ式の上質な物。
ものすんごく美味しかったデス。



カップ&ソーサーもウェッジウッド!
白いシンプルなもので、個人的にはすごく好きなデザインでした♪

関係ないけど、ウェッジウッドはこの先どうなっちゃうんだろう??

長くなりそうなのでお部屋編・その2につづく・・・


ワッ! このゲストハウスの情報は2009年1月時のものです

赤い旗 仁寿殿(じじゅうでん)ゲストハウス京都 WEB

〒603-8363 京都市北区衣笠総門町1番地
TEL: 075-466-2112
FAX: 075-462-3286
19:02 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
京都のステキなお宿@仁寿殿ゲストハウス京都


京都では2泊したのですが、初日にお世話になったお宿がこちら。

金閣寺近くにある仁寿殿ゲストハウス京都デス。



2008年にオープンしたとあって、
ものすんごくキレイ!

そしてタクシーの運転手さんも地図を見ながらうろうろ・・・。

一見個人宅(しかも豪邸)のような外観ですが、
ここが入口になります。

勇気をだして、インターホンを押したら
すぐに「どうぞお入りください」の声が。

ゲストハウスという形態の宿は初めてだったので
最初はちょっと戸惑いましたが、
とても快適な滞在となりました。





ゲストハウス外観

のれんが粋です(笑)

お正月用かな?

仁寿殿ゲストハウスはこの宿泊用のゲストハウスと、
喫茶室や読書室などのあるメインハウスの
2棟で構成されているのですが、
まずはメインハウスの方でチェックインの手続きを・・・。



玄関を入るとちょっとしたサプライズが!

これ、ドアの置物なんですが怖いよね(笑)?
でもってこのドアの下には・・・



足が!!

このドアマン(違)、かなり怖いけど面白かったです。

遊び心?(笑)



ウエルカムドリンクは、温かいお茶とあまーいお茶菓子。

このピンクの砂糖菓子、牛さんのお顔なのデス。
丑年らしい可愛らしい演出に、顔も緩みますえ〜

このゲストハウスでは、たーくさん写真を撮ったので、
何回かに分けてアップしますね(笑)

旅館のように純和風の部屋とは違いますが、
とても落ち着いた素敵な宿でした。


ワッ! このゲストハウスの情報は2009年1月時のものです

赤い旗 仁寿殿(じじゅうでん)ゲストハウス京都 WEB

〒603-8363 京都市北区衣笠総門町1番地
TEL: 075-466-2112
FAX: 075-462-3286

21:13 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
愛しの草わらび餅 @ 洛匠


洛匠外観

京都へ着き、着物に着替えた後まず向かった先は
ものすっごく楽しみにしていた洛匠さん♪♪

(昨年訪れた時の様子は→こちら)

が。

今回行ってみたらお庭で待つ人々の多さにビックリ。

待つ気満々の杏に対し、相方さんは
「えっ ウソでしょ?待つわけないよね?」のお顔・・・。






じゃあお持ち帰りで・・・(涙)

今日の宿でのおやつといたしませう〜

確かに、店内だと相席になることも多いので
宿で食べた方がゆっくり味わえるかな?



お持ち帰り用は、大・小の2種類の箱で販売されています。

あ、でも今洛匠さんのサイトを見たら、3種類あるようですね。
この画像のは840円のものです。

ちなみに京都駅では「大」と「小」の2種類のみしか
置いていませんでした。「大」がこの大きさデス。

京都駅構内でも買えるので、
京都に着いたときに、まずは
どこで買えるかチェックして、
引き取る日付と時間を伝えておいて、
取り置いてもらうよう頼んでおきました(笑)

先に支払いをしなければいけませんが、
これで荷物もギリギリまで軽くて済むし、
何より売り切れの恐れなし。

ふぅ。これでお土産用の草わらび餅はゲットよっっ




溢れんばかりのきな粉の中に・・・

ふるふる草わらび餅が〜♪♪

単に柔らかいのとは違って、独特の食感。
ふるとろろって感じデス(意味不明)



これはお夜食時に食べたとき(笑)

コーヒーにも合います。

翌日食べた時も、まだ柔らかくて美味しかったのですが、
残念ながら京都駅で購入したお土産用のものは
柔らかさに欠け、イマイチ美味しく感じませんでした。

なぜ!?お店で買ったやつは2日目でも美味しかったのに(涙)

家族にこの草わらび餅の美味しさを知ってもらいたかった杏にとって、
この味では納得できませんでした。

(ええ、厳しいのよ。自分以外には・・・)

それでも新しい発見が。

家で食べた時は、抹茶の香りというか味が感じられました。
京都では昨年同様ほとんどわからなかったのに(笑)

・・・・・・・・・今回の教訓・・・・・・・・・・・・

わらび餅は時間が命。
買ったらすぐに食べましょう〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1年ぶりの洛匠さんの草わらび餅。

甘さ控えめなので、いくらでも食べられちゃう(笑)
とても美味しかったです(幸)


ワッ!このお店の情報は、2009年1月時のものです

きのこレッド 洛匠 WEB
京都市東山区高台寺北門通下河原東入鷲尾町516
TEL 075-561-6892
FAX 075-541-1235
20:14 京都の旅 2009 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bali Modern: The Art of Tropical Living
Bali Modern: The Art of Tropical Living (JUGEMレビュー »)
Gianni Francione,Luca Invernizzi Tettoni,Luca Invernizzi
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND