Waka Maya @ Sanur


先日、久しぶりに、Love Love BALI を更新しました。

Waka Maya に泊ってきた時の様子を
やっとこさアップしたのですが、(泊った時の様子は→こちら
サイトのほうに載せきれなかった写真をいくつか
こちらで紹介させて下さい。



レストランの2階にあるネットサービス

日本語は×でしたが、風を感じながらネットができ、
気持ち良かったです。

レストランにパソコンを持ち込んでるゲストを何人か見かけたので、
ネット環境は整っているのだと思います。(@未確認)



ライブラリーの様子

パソコンデスクの隣には、小さなライブラリーがあります。

日本語の本も何冊かありました。



テラスに遊びに来たネコさん

可愛い顔をしていますが、この子はちょっと凶暴で、
近寄ろうとしたらフーーッって怒られました(涙)

お腹に赤ちゃんがいるみたいだったから、少し気が立ってたのかも。





こちらは人好きネコさん

(あぁ 顔が見えない…)

この子はものすごく食い意地がはっていて、
おねだり攻撃がすごかったデス。

そしてすぐに膝の上に・・・(幸)

バリには、猫が住みついているホテルが多くて嬉しくなります。



ホテルの入り口にででーんと置いてある仏頭。

なぜ仏頭? (汗)



部屋にはデリバリー用の雑誌、Hallo!が置いてありました。

これ見ると、お腹がすきます(笑)



美味しかったアフタヌーンティーのお菓子

今食べたい…(笑)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

食事があまり美味しくなかったワカマヤ・・・。

杏は、人一倍(5倍くらいかも)食い意地が張っていて、
ホテルの朝食とかには、尋常じゃないくらいの思い入れがあるので、
(自分でも怖いくらい)
ついつい意地悪なことも書いてしまいましたが(汗)、
今思い返すと、どれも良い思い出になっている気がします。

旅ってそんなもんかな(笑)

そして、これはホテルとは関係のないことですが、、、

ワカマヤへチェックインする日、杏は滞在中のサヌールの宿から
タクシーで向かったのですが、
道中、豪邸やレンタルハウス?が目に入ってきて、
色んな意味でコーフンしました(笑)
中には日本語の表札も・・・
あぁ、ここに私の老後が・・・(@妄想)

ホテルとサヌール中心部までの距離も、車で10〜15分くらいなので、
ちょっとした「お家拝見(外観のみ)」ツアーだと思えば
意外と楽しめると思います。(夜は真っ暗だがw)


JUGEMテーマ:インドネシア:バリ島
21:52 BALI 宿 - -
忘れられないマッサージ@Villa Indah Ubud


今日はウブドのVilla Indah Ubud(泊まった時の様子は→こちら)で
受けた、いろんな意味で衝撃的だったマッサージのことを書こうと思います。

部屋にあったインフォメーションには
バリニーズマッサージと表記されていましたが、、、

実際に受けたマッサージはたぶんバリニーズマッサージじゃ
ないと思う(笑)

1時間Rp.100.000(約1.000円)+21%で、
予約をすれば好きな時間に
部屋やベランダで受けることが出来ます。

友人と二人で受けるつもりで2名で予約をしたら、
現れたセラピストさんはご近所のジャワニーズ夫婦でした。

男性が来るとは思っていなかったので、
どうしようかと戸惑ったのだけれど、
友人が男性のセラピストでもいいよ。と言ってくれたので
無事に同時に受けることができましたが、
マッサージは下着一枚になるので、
抵抗がある方は、予約時に女性のセラピストをリクエストしたほうが
いいと思います。

そして普段着&薄汚れたバスタオル持参・・・
せめてサロンを用意してくれれば
少しは雰囲気が出ると思うのだけれど・・・(汗)



一抹の不安を覚えつつ・・・

友人はこのベッド、私は部屋にあるデイベッドで
いざマッサージ開始!!

私を担当してくれたのは、ごっついイブで、
なんとゆーか肝っ玉母さん的な雰囲気の人でしたw

最初の15~20分くらいはオイルも何もつけずに
ひたすら身体をわしわしと乱暴に揉まれ・・・

この時点で、このマッサージは大失敗だと思って、
もう諦めモードに入っていたのですが、
突然おもむろにイブが白いクリームを取り出し、
私の腰を重点的にモミモミし始めました。



これがイタ気持ちよくて、なんだなんだと思ってたら、
今度は背中もポイントを外さずにグリグリグリと・・・

揉むとゆーよりかは、クリームをすり込むような
感じのマッサージ。
この点はバリニーズマッサージに近いかも。

でもバリスタイルだとオイルを使う・・・のよね?
で、途中で急に腕を曲げられて、
身体をひねってポキッ!
一瞬何が起こったかわからなかった(笑)
タイスタイルも取り込んでるのか?w

もう好きにして下さい状態でしたが、
イブ曰く、
「腰を揉みほぐすことで、肩が楽になるのよっ」と。
(すべてインドネシア語とジェスチャーだったので想像だけどw)

確かにかなり肩が楽になった気がしました。



後半はもう腰と背中ばかりで、脚や腕はほぼノータッチだったのですが
友人は主に脚をがっつりと揉まれたのだそう。

決まりきったマニュアル通りのマッサージではなく、
その人の体調に合ったマッサージをしてくれるのは嬉しい。

かなり荒々しいマッサージでしたが、私はすごく気に入りました。

このあとプネスタナンの宿に移動する予定だったので、
出張してもらうといくらか聞いてみたところ
一時間Rp.150.000とのこと。
ホテルより高くなってるし(笑)!

ちなみにホテルでのマッサージの彼らの取り分は
半分の5万ルピアだそう・・・。
すごく不満気だった・・・w

正直Rp.150.000のマッサージとしたら微妙かもしれない(笑)
ですのでプネスタナンの宿では頼まなかったのですが、
またこのホテルに泊まる機会があれば、
ぜひ彼女のマッサージをもう一度受けてみたいデス。
かなりインパクトのあるキャラ&マッサージだったのでw

マッサージ終了後、少し部屋でおしゃべりしてたのですが
インドネシア語オンリーのため、
ほとんど何を言っているのかわからず・・・

「いつ生まれたの?(何歳?)」というジェスチャー(出産ポーズ?)が、

「生まれたてのように肌がきれい」という意味に捉えてしまったり、
(どんだけ前向き?w)
なかなか話が進まなかったデス。

言い訳をすると・・・杏の友人の肌はすんごくキレイなのデス。
だからてっきり・・・w

そして支払いは彼らに直接しました。
ホテル側に払うものだと思ってたので
少し戸惑ったのですが、まぁなんとかなるだろうと思って
そのまま彼らに渡しました。

で、チェックアウト時に請求されることもなかったのですが、
よく考えたら、サ・税21%が加わるはずなのに
ぴったり10万ルピアで済みました・・・

・・・ラッキー??(汗)

こんな感じで、Villa Indah Ubud で受けたマッサージは
かなりローカルチックなものでした。

いつもこの夫婦が来るとは限りませんが、
強めのマッサージが大丈夫で、そして細かいことはあまり
気にしない方であればぜひ試してほしいと思います。


 このマッサージの情報は、2009年4月時のものです。

 Villa Indah Ubud  WEB
Kedewatan, Ubud
  (0361) 975 490


JUGEMテーマ:インドネシア:バリ島
20:43 BALI 宿 comments(2) trackbacks(0)
不思議な空間@Waka Gangga


いろいろな表情を見せてくれたWaka Gangga

タナロット寺院近くの、海沿いにあるホテルです。

Love Love BALI の方に載せきれなかった写真を
こちらに数枚アップしてみます。

杏の読んだ雑誌には、どこを撮っても絵になるって載っていたけれど、
実際には景色が雄大すぎて、どこを撮ればいいのか
わからなくなってくるほどでした(汗)



夕暮れ前の空




あっとゆー間に眠りに落ちそうなデッキチェア

でも海風は結構あります(笑)




レセプションにあったアンティーク?のオブジェ

ただの枝かも(笑)




小さなレセプション

ここでWelcome drinkをいただきました。




ブレブレだけれど、
この夜は少し怪しげな月明かりでした・・・



夜のGANGGA VILLA

暗闇の先は果てしなく続く黒い海・・・




可愛らしい木

このホテル滞在中、他のゲストに殆ど会うことがありませんでした。

なんとゆーか、ホントに不思議な雰囲気を持ち合わせたホテルで、
あの感じは、ちょっと他のホテルでは味わえないと思います。

好みは分かれると思うけど(笑)

なんだか今ムショーに泊まりたい気分・・・

22:54 BALI 宿 comments(0) trackbacks(0)
海を見ながらヨガ体験@アリラ・マンギス


Alila Manggis で無料のヨガのアクティビティに
参加したときの様子を書き留めておこうと思います。

(Alila Manggisに泊まった時の様子は→こちら

私は今まで何度かヨガにトライしてみたのですが、
あまり続かず・・・

そして先生は「本とDVD」・・・。


一度レッスンを受けてみたいと思っていたので
こんなアクティビティは大歓迎!

夕方の17:00-18:15まで。
この時の先生はバリニーズのカウイ先生でした。

部屋のインフォメーションには、
ハタヨガか、アシュタンヨガのどちらかになる。のような
ことが書かれていました。

たぶんカウイ先生はハタヨガの先生だったハズ。



海を眺めながらレッスン開始〜

集まったのは私たち2人と、ポーランド人のカップル、
そしてアメリカ×タイのカップル、計6名でした。

杏の友人以外は、皆初心者っぽかったので
少し安心したんだけれど、
場所取りに失敗して(?)、一番前の先生しか見えない
場所になってしまいました(汗)

つまり他の人のポーズが見えない・・・(汗)

私のは皆に見られちゃう・・・(汗)

これって慣れてないのもあるだろうけど、
かなり恥ずかしい・・・たらーっ

ポーズを間違えないようにしなきゃとか思うと
全然自分に集中できないし、しかも結構ハードな
内容で(杏にとっては)、もう必死(笑)

先生のポーズを真似をするだけなんだけれど、
そして動きもスローなほうだと思うのだけれど、
息が出来なかったり、ぷるぷる震えちゃったり汗



レッスンの最中、先生が

「べ〜り〜 グ〜ッド」「べ〜り〜 グッド」と何度も言ってくれます。

先生、私達が見えない時にもよくこの言葉を言っていたので、

励まし?の感覚でも使ってたのかも(笑)

でもこの言葉、結構魔法の言葉だと思う。

言われると安心するし、やる気もアップ(単純?w)

印象的だった言葉が、

「You don't need to focus,
JUST FEEL YOUR BODY...Feel your body...」


「自分の身体を感じる」ってのは普段意識していないと
かなり難しいんじゃないかな。(少なくとも私には・・・)

意識を内側にもっていきたいのだけれど
雑念(邪念ともいう)が多すぎて、これが私にはとても
難しかったです。

レッスン中、私が再確認したのは、

頭に血がのぼりすぎってことです(汗)

他者から見られる自分を気にし過ぎとゆーか(自意識過剰?)

ポーズを間違えないようにしようってことばかり気にして
なかなか自分自身に集中できなかった。

頭の中をクリアにしたかったのだけれど、
色々な事が走馬灯のように(ちょっと違うけど)
うがーーーって頭の中に湧き上がってきてしまって
ひとりでオタオタしてしまいました(汗)



一番ビックリしたのが、

レッスンの終盤で
「横たわって海の音を聞いて自分の身体と向き合ってみて。」
のようなことを言われ、(屍のポーズ?)

言われるまま横になっていたら
途中で先生が、私の首の下に手を入れて、2か所ほど首の裏を
ぐっーーっと力強く指で押えました。

なんだなんだ、と思ってたんだけれど、

急に「じゅわ〜〜」って緊張がほぐれるのがわかってビックリ!!

頭に血が上ってたのが下りてきた感じ?

「気」が身体に巡ってきたと言えばいいのかな。

下手なマッサージより気持ち良かった(笑)

そーゆーツボだったのかもしれないけれど、
なんか私、感動してしまいました(笑)

これって私の気が巡ってないのが見てわかったってことよね?

あ、違う?(笑)

まぁ詳しいことはよくわかりませんが、
彼のレッスンをもっと受けたいと思ってしまいました。

ただちょっとまいったのが、レッスン終了後
視界がくるくるしてきて、歩けなくなってしまったこと汗

理由を先生に尋ねたら、
「急に起き上った?動きはゆっくりね。」って言われました。
私、誰よりもゆっくり動いてたし、
めっさゆっくり起き上ったので、これは未だに理由不明・・・。
どーゆーことなんだろう。

普段の運動不足がたたっただけかも知れないが・・・

少し座って深呼吸してたら治ったのだけれど
あれにはまいりました。

ヨガする度に目眩がするんじゃちょっと悲しい(笑)

それでも杏のヨガレッスンデビュー、無事終了いたしました。

初めてのレッスンでしたが、かなりの好印象!

カウイ先生のゆったりした雰囲気が伝わってきて
レッスン中もなんとなく安心できたし、
なんか物腰が柔らかいの。

ヨガの先生って皆あんな雰囲気をまとってるのかな。

世界平和も夢じゃない、みたいな感じデス。

ごめん、わかりづらくて・・・



最近はホテルでもヨガを扱うところが増えてきましたが、
アリラ・マンギスに泊まったら、ぜひ参加して欲しいデス。

結構いろんなポーズをさせられたので、
色々なレベルの人に合わせられるように構成してるのだと思います。

まるっきり初心者でも全然大丈夫だと言われたし、
上級者の方は物足りないかもしれないけれど、
ロケーションの良さでカバーできると思う(笑)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

画像は全てアリラ・マンギスで撮ったものです。

このアクティビティに参加した翌朝、
ヨガをやった場所で瞑想とヨガを試みたのですが、
漁師さんが賑やかであまり(とゆーかほとんどw)
集中できませんでした。

でも早朝のここの空気も清々しくて気持ちいいです。

この文章を書いてたら、なんだかものすんごく
アリラ・マンギスが懐かしくなってきました。

またいつかぜひ泊まりたいデス。

その時にはもう少し他のアクティビティにも積極的に
参加してみようかな(嘘っぽいか?w)

20:14 BALI 宿 comments(0) trackbacks(0)
クタのロスメンに泊まってみた@ドキドキ


なんだか随分と暖かく(暑く?)なってきましたが、
皆様お元気ですか?

杏は今週、やっかいな親知らずを抜くことになっていて
ちょっとビビってます・・・。

最初行きつけの歯科医院でやってもらう予定だったのだけれど、
あごの太い神経が近くに通ってるようなので
何かあった時に(何かってナニ!?汗)対処できるよう
大学病院の口腔外科を紹介されました。

矯正でそろえた歯がだんだん崩れだしたので、
(親知らずが押してる可能性大だそう)
やっとこさ重い腰を上げることにしたのだけれど
正直怖い・・・(涙)

バリから戻ったらすぐ抜くつもりだったのだけれど、
先生の予定がいっぱいで妙な間が空いてしまいました。

ああ、私の勢い(勇気ともいう)が保てるかどうか不安・・・。

またしてもタイトルとは関係のない話をしてしまいましたが、

前にも書いたように、今回のバリは、最初の2日間を
クタに滞在していた友人のところにお邪魔させてもらいました。

その部屋が上の画像デス。(散らかっててゴメン)
その子がいつも泊まっている宿だったので、
不安はあまりなかったのだけれど、場所がクタだけに
(しかもど真ん中のJl.Poppies2!)
ちょっとドキドキしてました(笑)

そしてなんとゆーか、ロスメンらしさ満載〜

友達の部屋代プラスRp.2万/一泊で泊まれたので
もう文句は何もありません。
(2泊で400円くらい?)
でも一人じゃちょっと怖くて泊まれなかったと思う。
(色んな意味で:笑)

異常に暑い時期だったので、ファンだけじゃかなり
暑かったのだけれど、なんかそれも南国らしくて
「暑い暑い」言いながらも楽しめました。

やっぱり友達と一緒ってのは楽しいですね。



ロスメンの王道らしいバスルーム

バスタブのような「仕切り」があるのは嬉しい。
仕切りがないとお湯が飛び散って
トイレスペースまでビチョビチョになるので・・・。

熱すぎるぐらい熱いお湯がでました(笑)
これはかなり高ポイント。
(でも暑いから熱いシャワー浴びた後、ほてって大変だったw)



日本からバリに来て、初のナシチャンプルがここで食べたものです。

朝と夕方、おじさんがロスメンの敷地内に入ってきて
「なーしー、なーしー」ってナシを売りに来るのです。

友達は「ナシ屋さん」と呼んでました(笑)
この画像は「ナシアヤム」(鶏肉メインのナシチャンプル)

イカン(お魚)バージョンもあるらしいのですが
おじさん一押しはアヤムだそう(笑)

量も少量で、朝や小腹がすいた時には
丁度いいかな、という量。

そして料金もRp.5.000(約50円)とバグース♪♪

味付けも毎日食べても飽きないかも、とゆー
パンチには欠けるけど、なんか家庭的で(ちゃんと辛いけど)
優しい味でした。

美味しかったな・・・(想い出す)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

クタにもロスメンがいっぱいあることがよくわかりましたが、
やっぱりそこはクタ。
何ともいえない濁った空気が漂っています(汗)

このロスメン付近は、サーファーや長期滞在の
(てゆかほぼ住んでいる?w)人たちでごったがえしてて
ザ・クタ(意味不明?)って感じでした。

以前ほどクタに対して恐怖心とゆーか苦手意識は
なくなったのですが、やっぱりクタは落ち着かない(笑)
友達と一緒じゃなければ絶対泊まらなかったと思いマス。

彼女は他の地域からクタに戻るとホッとするそう(笑)
落ち着く地域が人それぞれあって面白いですネ。

新しい体験をさせてくれた愛ちゃん(仮名)ありがたう〜♪

22:54 BALI 宿 comments(0) trackbacks(0)
悩みに悩んだホテル選び@ BALI 2009


今回は、最初の2日間をクタに滞在している友達のところへ
お邪魔させてもらい、
3日目以降日本からくる友達と、8日間の日程で
一緒に旅行をすることにしました。
で、友達が日本へ戻った後はまた一人旅・・・。

(最終的には1日延長して9日間の滞在となったのですが・・・)

この8日間で予算を一人当たり$600〜700ぐらいと設定して
ホテル選びをすることにしたはいいのだけれど、
もうこれが決まらない決まらない(笑)

候補の宿は結構あったのだけれど、
絞りに絞った結果・・・

A:the harmony seminyak(2泊)+DAMAI LOVINA(3泊)+Alila Manggis(3泊)

B:kokonut suites(2泊)+Alila Manggis(3泊)+Waka di Ume(3泊)

C:ubudのロスメン OR the harmony seminyak(3泊)
+Alila Manggis(3泊)+The LEGIAN(2泊)

D:the harmony seminyak(1泊)+DAMAI LOVINA(3泊)
+Alila Manggis(2泊)+Waka di Ume(2泊)

などなど・・・

要はDAMAI LOVINA、Alila Manggis、Waka di Ume、THE LEGIANの
組み合わせで悩みに悩んだのでした・・・。

THE LEGIANは一人じゃ絶対に(予算的にも)泊まれないホテルだし、
Alila Manggisにはぜひもう一度泊まりたい・・・。
DAMAI LOVINAにも一度は泊まってみたい・・・



でもバリ2度目の友達に、チャンディダサ(マンギス)とロビナの
組み合わせはちょっときついんじゃないかなとも思ったり
(両方とも買い物とかとは縁遠い土地だから・・・)
やっぱりウブドは外せないかな、とも思ったりで
もうどうしていいのかわかりません状態に陥ってしまいました。

で、結局落ち着いたのが

kokonut suites(2泊)+Alila Manggis(3泊)+Waka di Ume(3泊)

これにもう1日延泊ということで、
Villa Indah Ubudが加わることになるのですが、
こんな感じのホテルチョイスとなりました。

ダマイは最後まで悩みましたが、
4月以降、料金が30ドル(/1泊) 近く値上がりしたのが痛かった。
それでもいつかぜひ泊まってみたいと思います。



この泊まったホテルの中では、
kokonut suitesが、期待してなかった分
めちゃくちゃ快適&キレイでびっくりしてしまいました(笑)

住みたいよ、あんな部屋に・・・

(泊まった時の様子は→こちら)

広さで言うならこの中では断トツの広さ。
そして新しさ。
場所ももっと辺鄙なところをイメージしていたのだけれど、
そこまで北のはずれといった感じじゃなかったし。



そしてやっぱり良かったのがAlila Manggis!!
(泊まった時の様子は→こちら)

ステキホテルなんだけど、ツンと気取った感じがなくて
とろける様な居心地の良さ。

あれ以上素敵だと、今度は少しキンチョーしちゃう気がする(笑)
私には丁度いい素敵ホテルのような気がします。

プールの快適さも群を抜いてマス。

なぜか同じアリラグループのAlila Ubudには惹かれないのですが、
一度泊まって比較してみたい気もします。いつか・・・



でもってちょっと残念だったのがWaka di Ume

前回泊まった時(その時の様子は→こちら)が快適過ぎたせいか、
今回は色々と気になる点が目につきました。

それでも朝食のパンの美味しさには感動〜♪

泊まった後で、もしもう一度ホテル選びをしていいのなら
(あっずるい?w)
これも悩ましいけど、、、

1.kokonut suite(2泊)+DAMAI LOVINA(3泊)+Alila Manggis(3泊)

2.ubudのロスメン(3泊)+Alila Manggis(3泊)+The LEGIAN(2泊)

のどちらかになるかな??

こーゆーのって考えるの大好きなんだけれど、
本気度が強すぎると、だんだん気分が悪くなることがあります(笑)

皆様もお気を付け下さい。

はー それにしても久々の100ドル越えのホテル選び・・・
かなりコーフンいたしました(笑)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

画像は全て2007年に訪れた時のDAMAI LOVINAで撮ったものです。

この時、温泉に行く途中で急に雨に降られてしまい
雨宿りのために寄ったのですが、
想像以上に素敵な場所だったので
妙にテンションが上がったのを覚えています。

ゲストじゃないのにウエルカムドリンクを出してくれたり、
(これが激ウマで今でも忘れられない・・・)
そのまま夕方のサテパーティーに招いてもらったりと
(どんだけいたんだ?w)
いい想い出しか残っていません・・・。



オンザビーチじゃないけれど、丘の上にある
小さな素敵ホテルです。@DAMAI

そして今回は泊まろうと決めていたサヌールにある
Pondok Ayu注:音楽出ます)。
(見に行った時の様子は→こちら

バリから電話で予約をしようとしたのですが、
残念ながら私の希望する日程はフルブックとのこと(涙)

すんごい残念でしたが、私のことを覚えててくれたようで、
電話でもすんごい感じが良かったデス。

この時私はサヌールにある小さなロスメン、
Kayu manis cafe&homestayに滞在していたのだけれど、
近いんだからプールに泳ぎにおいでよ!と誘ってくれました(嬉)

なんかね・・・ここのスタッフ大好きよ。

次回はもっと早くに言ってね!と言われたように、
ええ、ちゃんともっと早くに連絡します。
そんなこんなで、またしても次回のお楽しみになって
しまいました・・・。


これからバリに行かれる皆様・・・
ホテル選び、楽しんでくださいね!


 
14:54 BALI 宿 comments(2) trackbacks(0)
悩んだ挙句・・・@HOTEL KUMALA PANTAI


今回、なかなかお目当てのホテルに泊まることが
出来なかったのですが、
Legianのホテルに関しても、決まるまで随分と
時間がかかってしまいました。



The Sari Beach を去った後、何軒かJl.Padma Utara沿いの
ホテルを見ましたが、フルブックだったり、
部屋が暗すぎたり・・・
なかなか決めかねていました。



謎の白馬(笑)

で、結局決めたのがこのHOTEL KUMALA PANTAIです。
泊まった時の様子は→こちら

「すっごくいい!」てのはなかったけれど、快適といえば快適。
デラックスルーム Rp.475.000ってことは、
今日のレート(1円=Rp.120)だったら
約四千円ほどでしょうか。
今の時期だったら、もう一度泊まってもいいかも(笑)

HPの方に載せきれなかった写真を、
こちらの方に少しアップしておきます。



金運?幸運?をもたらすガネーシャ(象)

このガネーシャ像が敷地内にたくさん置いてありました。



ある日の朝食

グアバジュースは激甘でガッカリな味だったけど(涙)、
朝食はかなり頑張って作ってると思う。



夕方のプールの様子

この時間帯になると、ようやくプールも落ち着いた雰囲気に。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このホテルのことを思い出すとき、
あまりいい印象がないのですが、
こうやって写真を見ていると、決して悪いホテルでは
ないのですよね・・・。

朝ごはん美味しかったし・・・(笑)

外出メインの宿泊だったら、また全然印象が
違ったと思います。

最近大きなホテルよりも、20室くらいの小規模ホテルが
めっきり落ち着くようになってしまいました。

もっと部屋数少なくてもいいかも(笑)

やっぱりホテル選びは難しいですね。

ワッ!このホテルの情報は2008年9月時のものです。

赤い旗 HOTEL KUMALA PANTAI WEB
Jl. Werkudara, Legian Kaja, Kuta 80361
TEL (0361) 755 500
FAX (0361) 755 700


08:03 BALI 宿 comments(0) trackbacks(0)
アットホームなプチホテル@PONDOK AYU


前回に引き続き、Sanurにあるスモールホテル、
PONDOK AYU の写真を載せていきますね。

オーストラリア在住のオーナーさんが不在だったため、
このでっかい部屋も見せてもらえました。



ガラス張りの素敵なバスルーム

光が入ってきて気持ちよさそう〜



ここのバスルームはやたらと広い・・・
一人じゃもったいなくて泊まれません・・・。



Bed room, Living room,あともう一部屋くらいあったと思います。

とにかく広すぎ(笑)



走れます(笑)



なんだか広すぎて、どこを撮っていいのか
わからなくなってしまった(汗)

で、肝心のベッドルームを撮り忘れました(汗)
キングサイズのベッドがどかーんと置いてあって、
豪華だったような気もするけど、
正直記憶になかったりする・・・(滝汗)



あったかスタッフ MADE&KADEK

スタッフファミリーが同じ敷地に住んでてくれるので
何かと安心。

チラッと見えてるオレンジTの人は、
Madeの旦那さんでもあるGEDE。

おしゃべりしてたら、だんだん疲れてきて、
じーっとデッキチェアーを熱い眼差しで見ていたら
使って使って。と勧めてくれました。(おねだり?笑)

ころんと横になって空を眺めてると、
ホントにここに滞在したくなってしまいました。



デッキチェアーからスタンダードルーム棟を見た様子

オーナールームから、プールを挟んでこの建物が建ってます。
1棟4室の作りで、2階に見えるお花がなんとも南国らしくて好き。

杏が見に行った時はアメリカからのゲストが1組滞在
していました。

ここは狭い敷地だけに、他のゲストがどんな滞在をするかで
随分と快適度が変わってくると思います。

誰もいなければそれこそプライベートヴィラ感覚で
施設を使えるだろうし、
賑やかなゲストであれば、静かな滞在はちょっと諦めなければ
いけないかも(笑)

それはまぁ運次第ってことで・・・。

とにかくスタッフがすごく親切で温かかったです。
ここはいつかホントに泊まってみたい♪


ワッ! このホテルの情報は2008年9月時のものです。

赤い旗 PONDOK AYU WEB注:音楽が流れます
Jl.Sekuta, Gang Pudak No.3 SANUR
TEL (0361) 284 102
FAX (0361) 283 646

 
22:56 BALI 宿 comments(2) trackbacks(0)
次回のお楽しみ@PONDOK AYU Sanur


今日は、ものすんごく泊まりたかったけど、
タイミングが合わなくて泊まれなかった、
可愛らしいホテルを紹介します・・・。

Sanur北部にある、Pondok Ayuという全5室のスモールホテルですが、
本当に居心地よさそうな素敵ホテルでした♪

プールはそんなに大きくありませんが、十分かな?私には。
敷地もそんなに広くないので、他にゲストがいなければ
プライベートプール感覚で使えると思います。



シンプルだけど趣味のいい部屋♪

料金は、 $45+TAX10%
このタイプの部屋が4室。
造りはほぼ同じだそうです。



案内してくれたスタッフの女の子がすんごく親切だった♪



バスルームへと続く道

ここにクローゼットと冷蔵庫が置いてありました。
ティー&コーヒーのサービスも、セイフティーボックスも
あったと思う。(記憶が微妙で申し訳ない)
もらったブローシャーには全ての部屋に置いてあると
書かれてありました。

見えている籐の椅子と四角いテーブルは、
ゲストがいる時はテラスに出されます・・・。
最初、この部屋なんでこんなに椅子が多いんだと
思っちゃったw



小さすぎず、大きすぎないバスタブ。
とても快適そう〜。

飛び跳ね防止のガラスがあるのもナイス♪

シャワーのみのロスメン滞在時だったので、
その場で入りたかったデス(笑)



洗面スペースも明るくて広々



1階の部屋のテラスからプールを見た様子



2階のベランダの様子

可愛いテーブルセットが置いてあります。
朝ごはんはここで食べてもいいし、プールサイドや部屋、
ダイニングルーム(共有スペース)、どこでも食べられるそう。



ベランダから見た外の様子

普通の住宅街の中にあるスモールホテルなので、
なんか不思議な感じです。

辿り着くまでは、ホントにこんなところにホテルが
あるのかしらん?と不安だったけど、実際着いてみたら
その居心地の良さに随分と長居してしまいました(笑)

Jl.By PassからJl.Danau Tondanoという細い通りに入って
更にもっと細い道へと曲がり・・・しばらくしたら
このホテルがあります。

Jl.バイパスを挟んでるし、ビーチからは距離がありますが
サヌール内の送迎なら車でしてくれるとのこと。
(たぶん車が空いていればだと思うけどw)

気軽にジャランジャランってな雰囲気じゃないけれど、
のんびり過ごすにはとてもいいホテルじゃないかな。



ダイニングルームの様子

なんだか個人宅に遊びにきた感じになりました。
本もたくさん置いてあります。



ここが一番豪華なVilla(てゆかオーナーの部屋)

オーナーさんが来てないときは、
ゲストが泊まることもできるそう。

たぶん$70+10%TAX と言ってたと思います。
いや、$75+TAXだったかな?
いや、もっと全然違う値段だったかも(汗)
覚えてなくてマアフ・・・。

随分と長くなったので、このヴィラの中の様子は
また今度〜。

ワッ! このホテルの情報は2008年9月時のものです。

赤い旗 PONDOK AYU WEB注:音楽が流れます
Jl.Sekuta, Gang Pudak No.3 SANUR
TEL (0361) 284 102
FAX (0361) 283 646



 
21:05 BALI 宿 comments(0) trackbacks(0)
泊まる予定だったけど・・・@the harmony Legian
最近、すっかり寒くなってきました。

この時期の杏の楽しみがフィギュアスケートです。

でもって久しぶりにStephane Lambiel選手のサイト
見てみたら、、、のーーーーーーーん!!

い、引退ですか!?

競技会からの引退表明をしたそうです・・・(涙)

これはかなりビックリ&ショック・・・。

今期の活躍を楽しみにしていたのに。
楽しみが一つ減ってしまいました。
彼の演技はアイスショーで今後も観られるようですが、
彼の情感たっぷりの美しいスケーティングが試合で観られないのは
やっぱり寂しい…。
あの美しい顔を見られないのも寂しい…。

タイトルとは掛け離れた話題になってしまいましたが、
気を取り直して、バリで泊まる予定だったけど
実際に見たら泊まる気になれなくてやめてしまった宿を紹介
したいと思います。(それってどうよ)



その名もthe harmony Legian です。

画像はレセプションからJl.Legian方面を見た様子。

このホテルはthe harmony Seminyak の姉妹ホテルとして
2008年8月にopenしたとのこと。
昨年Seminyakの方に滞在して、えらく気に入ってしまった杏は
きっとLegianのホテルも快適だろうと思いこんで、
サイトから予約を3泊入れておきました。
(しかもバリ到着日から3泊・・・)

このホテルは料金に空港送迎も含まれているので
空港まで迎えに来てもらうようお願いしておきました。

何気に有難いサービスです。

しかしっ
サイトには写真もまだ出来てなく(今は載ってる)、
下調べをしてなかった私が悪いのですが、
案内してもらった部屋は窓小さくて部屋暗いし、
まだペンキの匂いもして落ち着かない・・・。
他の部屋も見せてもらいましたが、
ほぼ同様の造り・・・。

プールも通りに面していて(Jl.Legianじゃない通り)かなり小さく、
ここじゃ寛げない〜と思い、
スタッフにドキドキしながらSeminyakの方に
移りたい旨を伝えました・・・。

ちなみにここのレセプションスタッフの女の子たち、
昨年Seminyakの方にいた子が何人かいて、
杏のことを覚えててくれたようで
束の間再会を喜び合いました(笑)

でもって快くSeminyakの方に電話を入れてくれて
空き状況を確認してから、再びホテルカーで送ってくれたのでした。
親切な対応に感謝デス。



見た感じとても雰囲気よし。

しかし部屋を見た後は、プリズンを彷彿させる何かがありました(涙)
Seminyakの部屋もStadardのカテゴリーは暗くて狭かったけど・・・。

そして肝心の部屋の写真は撮ってなかったりする(汗)
今はサイトで部屋の写真が見られるので
参考にして下さいまし。
バスルームはSeminyakと同様にバスタブはなく
ホットシャワーのみとのこと。

場所は殆どKutaと言っていいと思う。
Mama's (ドイツ料理)の近くだと、メールでスタッフが
教えてくれました。

料金は、少し値引きしてもらってSuperior1泊Rp.325.000(約3.800円)

が、結局一泊もすることなくSeminyakに移ってしまった(マアフや…)
今回杏は初めてシンガポール経由の、夕方着の便ででバリに来たので
移動したり、考えたりする時間が持てたのですが、
これが深夜到着だったらたぶん我慢して一泊してたと思う…。
(この時はまだ体力が残ってたのw)

やっぱりロスメンや中級ホテルは、実際に見て決めるのが
一番だと痛感した出来事でした。

それでもKuta&Legian好きさんには、とてもいいロケーションなので
ホテルは寝るだけってな時には、
いいホテルだと思います。
時間とともにペンキの匂いも消えるでしょう〜。

そんな感じでバリ初日から、いきなり移動してしまいました(笑)

今回の旅は、<移動>がテーマですか?と言っていいくらい
あちこち行っていたと思います。
何だか動きすぎて、あまり覚えてないくらい(大袈裟?w)

杏はバリへ行くと体重が落ちるという、珍しい人なのですが
(なぜなら体調を壊すから・・・涙)
今回は3キロ減ってました(よっしゃ)

でも日本に戻ってからすごい勢いで戻りつつあります。
戻るどころかややリバウンド気味という噂もある(汗)

食欲の秋・・・。
ちょっと抑えてみましょうか(自分に言い聞かせ)。

ワッ! このホテルの情報は、2008年9月時のものです。

赤い旗 the harmony Legian WEB
Jl.Legian 191 Kuta
TEL (0361)753 010



07:09 BALI 宿 comments(2) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bali Modern: The Art of Tropical Living
Bali Modern: The Art of Tropical Living (JUGEMレビュー »)
Gianni Francione,Luca Invernizzi Tettoni,Luca Invernizzi
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND