年末年始のバリ島
 

またしても、随分とご無沙汰しておりました(汗)

GWも終わったので、早い人ではもう年末年始の
旅行の計画を立てる方もいらっしゃるかもしれませんね。
早くないのかしら、もしかして(わからん:汗)。

そんなバリ島への旅行を計画されている方のために、
今日は年末年始(@2011−2012)に行ったバリ島で、
気になったことを書いていこうと思います。
(スミニャック限定になりますが)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

1. 渋滞がすごい。(@Kuta〜Kerobokan)

渋滞がすごいということは事前に聞いていましたが、
本当にすごい渋滞でした。
「滞在中1日はウブドへ遊びに行きたいな」と
思っていたのですが、そんな気も失せるくらいの渋滞っぷりでした(涙)

どのくらいの渋滞度かといいますと、
杏はスミニャックに滞在していたのですが、
滞在先のTHE  CLUB AT THE LEGIAN(以下クラブ) から、
ジャリムナリというマッサージ店まで行くのに、
通常なら車で5〜7分ほどで着く距離だと思うのですが、
このときは40分かかってしまいました(汗)

クラブではクタ辺りまでなら車での送迎を無料でしてくれるので、
車内では窓の外を見て座っているだけなので楽でしたが、
これがメータータクシーだったりすると、
メーターの心配や、運転手さんのイライラが伝わってきたりして
あんまり落ち着かなかったかと思います。

上の画像は、渋滞で動かない車内で撮ったもの。
車から降りて、歩きだす人が続出でした(笑)

クラブの車はキレイだし、運転手さんも舌打ちとか絶対しないしw、
快適と言えば快適だったのですが、
貴重な時間を車中で過ごすのは、やはりすごくもったいなく感じたので、
出かけるのは歩いて行ける範囲に絞ればよかったかなぁ、と反省。

(*ジャリムナリも、2−30分ほど歩けば着く距離だったのですが、
杏はヘタレのため、歩けず・・・)

両替店に行くのにも渋滞で一苦労なので、1週間くらいの
旅行だったら、バリ到着日に空港で全額両替しておいてもいいかもしれません。
両替店から車を出すだけでも15分くらいかかって、
すんごく時間がもったいなかったから。

空港のレートは街中よりも少し悪いですが
1万円両替して、100〜200円くらいの差だったと思います。(@2012年1月時)

そんなわけで。
クタ〜クロボカン辺りに滞在する予定の方は
渋滞にご注意くださいまし!。

2.レストラン(ワルン)が人で一杯。

Ku de ta に行ったら(@ランチ)、
「ここはどこですか?」ってゆーくらい人が多かったです。
私の中の昼間のKu de ta のイメージは、「爽やか&のんびり」だったのですが、
この時はもう別のお店のようでした。
海側の席はもう満席で、「海を眺めながらゆっくりランチ」とゆーのを
やりたかったのに、夢破れました・・・(涙)



ビーチから撮ったKu de ta の様子。

ビーチにも人が溢れ出てて、「海の家」化してました 。。。



ビーチ側じゃない店内の様子

こちらは比較的席に空きがありました。

行きたいお店がある場合、
ディナーの予約は、満席で断られることもあったので、
早めに予約を入れることをオススメします。

座れたとしても、Ku de ta のように、まったく違う店のような雰囲気に
なってしまってることもあるので、
お店を選ぶ際は、少しそのことも頭に入れておくとショックを受けにくいかも。

ちなみに杏たちが満席で断られたレストランは、METI'Sでした。
(でも翌日はOKだった)

それから、「年中無休」とガイドブックに書いてあった
レストランでも、電話してみると休みのところがいくつかあったので
行く前に必ず電話で問い合わせたほうが安心デス。

3.ワルンのご飯がいつもより早くなくなる。

車で渋滞にはまらない、クラブのちょっと北側にある
WARUNG KOLEGA (ワルン・コレガ)というワルンに行ったのですが、
ショーケースに残っているおかずは2種類ちょっと・・・

あぁぁぁぁ・・・・

「ハビス!(おわり)」というお姉さんを前に泣きそうになりました(涙)

まぁ、行った時間が15時前だったので、
通常でもおかずがなくなる可能性は大なのでしょうが、
杏はものすごく楽しみにしていたので、かなりショックでした。

どうしてもワルン飯が食べたいときは、
お昼前に行くのが安心だと思います。
人気店は特に。

今思えば、バトラーさんに頼んで、
早い時間にブンクス(持ち帰り)してきてもらえば
よかったのでは?!と思う次第。。。
(あぁ、大失敗・・・)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以上、杏がちょっと気になったことデス。
ほぼ食関係ですね(笑)

もしかして、かなり当たり前のことを書いたのかもしれませんが、
私は全然わかってなかったようで、
滞在中やきもきすることが多かったです。

渋滞に関しては、クタ〜クロボカンエリアに限ったことだと思いますが、
レストランに関しては、事前に予約するなり、開いているかを確認するなりの
電話を入れることをおススメします。

杏がスミニャックのホテルを選んだ理由の一つに、
美味しいレストランが近くにたくさんある、というのがあったのですが、
渋滞のためクラブからJl.Oberoi(@レストラン激戦通り)に出るというのが、
本当にできなくて、(通常なら車で5分もかからない距離)
行きたいレストランとワルンを何件かピックアップしていたのですが、
渋滞とお休みで、ほとんどのお店を諦めることになり本当にガッカリ。

歩いていくことも考えたのですが、夜道に怯える相方さんが
不憫で・・・(笑)

ここまで出かけられないとなると、
ホテル選びは、いつもの感覚で選ぶとどえらいことになってしまうかも。

私はいっそのことヌサドゥアの素敵ホテルで、おこもりライフでも
よかったのでは!?と思ってしまったので、
もし次回年末年始にバリへ行くことがあれば、
サヌールやヌサドゥア、少し辺鄙な土地も候補になるやもしれません。

ウブドも捨てがたいのですが、やはり雨季はビーチ側よりも雨が
降りやすいイメージがあるので、どこに泊まるかはまた悩むと思います。

あといつも以上に、食事の美味しいホテルを選ぶことになるかな。

色々と書いてしまいましたが、
クラブに泊ったコトを後悔しているわけではありませんヨ(笑)
相方さんも気に入ってくれましたし。。。

またスミニャックに泊まったりして(笑)
20:08 BALI 全般 comments(2) trackbacks(0)
ハニームーン


杏は長年、海外挙式(もちろんバリ)に憧れていたのですが、
結婚が決まった時に、

「バリ島で式を挙げたいな(はぁと)」と相方さんに言ったところ、

「遠いからダメ(@失笑気味)」、と瞬殺されてしまいました

夢破れた杏は、ハネムーンだけは海外へ行かねば、と気合を入れ、
相方さんに了解を得たのですが、
行先に関してはモルディブとバリでしばらく揺れました(笑)

相方さんが休みを取れるのは、年末年始・・・

一番高い時期・・・(涙)

そしてバリは雨季・・・(涙)

バリ島初めて、そして海外初めての相方さんに、雨季のバリ島を見せて、
「えー 青い空、青い海は?」と言われやしないかと心配になり、

(相方さんの「南の島」のイメージらしい・・・)

それだったら、乾季のモルディブの方が確実に
南の島を味わえるんじゃないかしら、とか、色々考えちゃいました。

がっ

バリとモルディブ、同時進行で旅行計画を進める中、
モルディブで杏が泊りたいホテルを3件に絞ったのですが、
年末年始の時期、3件とも最低宿泊日数というのが設けられていて、
それが9〜11日間という設定・・・(汗)

あの、、、相方さん、7日間しか休めないのですが。。。

と、いうわけで、
そしてやっぱり「雨季でもなんでもバリがいい」、という気持ちもあり、
バリ島に行くことになりました☆(長い前ふりスマヌ)




バリに決まったのなら、
これはもう、普段は泊れないようなホテルに泊るしかない、ということで(笑)、
すんごく悩むかと思いきや、
泊ってみたい憧れホテルは意外と絞れていたようで(笑)、
あとはもうホテルの組み合わせと、最低宿泊日数(バリにもあった)と
どう戦うか、という感じでした。

ビーチ(3泊)+ウブド(3泊)

というのが理想だったのですが、
杏が一番泊ってみたいホテルの最低宿泊日数が
5日間というのもあって、最終的に一か所のみ(ビーチ)の滞在にしてしまいました。
この選択、はたして吉と出るか否か(笑)

でも天気がよければ、一日はウブドに遊びに行って
渓谷を眺めながらランチかお茶でもしたいなぁ、と思っています。

男性は、意外とビーチよりもウブドの方がハマるらしいので・・・(女性もか?w)
なるべく相方さんがバリを気に入るよう、
ワタシ、かなり必死なのデス(笑)

ときどき、バリでカップルやご夫婦の旅行者とおしゃべりすると、
女性の方が最初はバリにハマっていたのだけど、
一緒に旅行でバリに来て、旦那さんの方がバリにハマってしまった、という
話を何度か聞いているので、
できればこのパターンに当てはまってほしい・・・(笑)



写真は全て、ウブドにある Komaneka at Bisma のものです。

昨年、友達に素適ホテルがあるからお茶しよう!と誘われ、
あまり期待せずについて行ったら、
本当に素適でビックリしたというホテルです(笑)

Jl.Bisma というロスメンが多い細い通りにあり、
ウブド中心部にも比較的近いのにも関わらずこの眺め。
ロビーから見下ろす景色は、本当にうっとりでした。



私たちはロビーでお茶をいただいたのですが、
お湯がぬるくて、取り替えてもらいました(汗)
クッキーも添えられてきたのですが、しけてるし
変な香料の匂いがするしで、食べられずザンネン。

友達はレストランで食事をしたこともあったそうですが、
そのときもイマイチの味だったとのこと。
あんまり食事には力を入れてないのかな?
もう少し美味しければもっとお茶や食事に訪れるゲストも増えると
思うのですが・・・



↑ お花の後ろに見える、この美術品(?)は、正直怖かった。
あんまり近くで見たくない作品でした(汗)

美術品の収集家でもあるオーナーさんの趣味は、
個人的には「?」なものもありましたが、
なかなか面白いホテルだと思います。

お部屋の見学はしなかったのですが、
部屋からこんなジャングルのような眺めが見られるなら、
いつか泊まりたいなぁと思ってしまいました。


話をハネムーンに戻しますが、
そんなわけで、約1年ちょっとぶりのバリは、
7日間という短い日程ですが、それでも素敵ホテルに泊まれるので
存分に楽しんでこようと思います。
できればお天気に恵まれることを祈って・・・

そして相方さんがバリを気に入りますように。

妙なプレッシャーを感じます(笑)
 
20:04 BALI 全般 comments(0) trackbacks(0)
5キロの中身
 

今回の旅では、
まず関空でいきなり出端をくじかれてしまいました。

荷物の重量オーバーです(汗)

スーツケースがいつもより重いな、とは感じていたのですが
空港で荷物をはかったら、約30キロの重さがあり、
25キロまでは大目にみてくれるようですが
30キロはさすがに超過料金を取るとのこと。(@JAL)

3〜4千円くらいかな?と思っていたら(←甘い?汗)
なんと2万円を超えると言うではないですか 

に、2万は無理です・・・(涙)

ちょびっと涙目になってしまいました・・・

そんなこんなで荷物を実家へ送ることに。
空港の端っこでゴソゴソとしながら思ったことは・・・
「時間に余裕をもたせててヨカッタ!」デス(笑)

杏が利用した空港リムジンバスは、
飛行機が出発する時間の1時間40分前に着くバスか、
4時間半前に着くバスかの2択しかなく、
この時悩んだ末後者を選んだのですが
早めに空港に着いてて本当によかった(涙)

前置きが長くなってしまいましたが、
その時にお別れをした荷物が上の画像です。

重そうな本から諦めることにしたのですが、
その中にはインドネシア語の辞書も・・・(汗)
あぁ、勉強ができない・・・と悲しく思ったのですが(ウソ)
これがもう大正解でしたw
もうね、、、バリで一回も勉強しなかった(おい)
指さし会話帳(@インドネシア語)の本すら開かなかったので、
辞書なんかとてもじゃないけど必要なかったと思う。

あと文庫本も数冊。
で、これも結果としては大正解(汗)
2冊持っていったのですが
1冊しか読めなかったの・・・w

お香はバリでたくさん売ってるし、
重いベルトも暑くるしいだけだし、
2、3泊旅行用のボストンバッグは
バッグ自体が異様に重いし(軽いバッグが欲しい・・・)、
これらは本当に必要なかったなと(汗)

ただちょっと悔やまれるのが
浮輪デス。(白と青のボーダーのやつ)
この杏の浮輪、結構な重さがあるので諦めましたが
あったらあったで楽しかったかな、とも思いますw
足が届かないプールもあったので。

これ以上荷物は減らせないッス
と思って再びカウンターへ行くと、
この荷物がほぼぴったり5キロでした!
天才!?w

なんだかめっさ不安になる(@自分に)
旅の幕開けでしたが、無事に帰ってきたので
ヨシとしませう(笑)

これから旅に出られる皆サマ、
荷物の重さにご注意あれ!
23:26 BALI 全般 comments(2) trackbacks(0)
ただいまです!
 

お久しぶりでございます。
皆様お元気でいらっしゃいましたか?

先日バリから戻ってきました。
今回2ヶ月間の滞在だったので
堪能してきたハズなのですが、
もう既にバリが恋しくなっています(怒られそうだw)

一度2ヶ月間を味わえば、スッキリするだろうと思っていたのですが
やっぱりラスト1週間くらいからは
「帰りたくない病」を発症してしまいました・・・(汗)
あぁ 切ない・・・

バリから戻るといつも同じ感覚になるのですが、
なんだか長い夢を見ていたような
不思議な感じです。
醒めたくない夢・・・?



今日、スーツケースが自宅に届く予定なので、
荷ほどきしながら徐々にスイッチを切り替えていきたいと思います。
(今はまだ無理w)

取り急ぎ「ただいま」のご挨拶まで☆

anzu


07:41 BALI 全般 comments(6) trackbacks(0)
特典航空券の行方@JALへ問い合わせてみた


先日、JALへ電話で問い合わせてみました。

運休決定路線の<関空ーデンパサール>間のチケットを予約していたのですが、
4月28日のJALからの発表以降、連絡が来るわけでもなく
メールが来た!と思ったら、
いつもの「先割でお得に!」「夏はJALで飛び立とう!」みたいな
とても呑気な内容で、
なんとゆーか無性に「この会社、大丈夫なのかしら・・・?」と
思わずにはいられず・・・
こんなメールを送る前に、もっと伝えなきゃいけないことが
あるんじゃないの?って。

空気よもうよ・・・



で、JALのサイトから自分の予約状況を確認してみると、
「調整中により、云々カンヌン・・・」と備考欄にあって
詳細を見ることができないようになっていました。

特典航空券の専用ダイアルに電話したところ、
10月以降の予約に関しては
フライトの代案を用意しているとのこと。

杏の場合は、帰りの便だけが10月を過ぎていたので
復路だけ当てはまるのですが、

<デンパサール→関空>だったところを、
デンパサール→ジャカルタ(@ガルーダ・インドネシア航空)
ジャカルタ→成田(@JAL)そして
 成田から羽田までは自力で行き、
羽田→伊丹(@JAL)
というのでどうでしょう、と尋ねられました。

どうでしょう。。。って。
どうでしょう(笑)

ジャカルタ経由で成田まで、というのはわかるのですが、
そこから自力で羽田まで行って伊丹へ、というのは
結構きついなぁと。
そこで羽田から岡山(※)までだと助かるのですが、と
一応リクエストしておきました。

(※杏の最終目的地は岡山なのデス)



「出来るかどうか確認します」と係りの方に言われ、
その後すぐに連絡がきたのですが、
<羽田→岡山>はOKとのこと。

とりあえず、チケット自体が無効になるんじゃないかという
最悪の心配は消えたのですが、
すぐに手続きするには色々と不安があり、
「少し考えさせてください。」と返事をしておきました。

デンパサール→ジャカルタ間は
ガルーダ航空に委託する形になるので、
チケットを一旦発券してしまうと
JALからは予約変更ができないと言われました。

9月中に戻れるよう日程を変更するか、
もしくはこの「乗り継ぎてんこ盛り案」でいくか
この連休、しばらく考えることになりそうです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

画像はウブドにある PAK SEDAN(パッ セダン)という
お店のナシチャンプルです。(@2009年5月時)

全てブンクス(持ち帰り)の時のものなので
少々見栄えがしませんが、
ここのナシチャンプルは甘さと辛さがしっかりしてて
大好きな味です。
特につくね状のサテ(串焼き)が最高!

早くこのナシチャンプルが食べたい・・・
14:16 BALI 全般 comments(2) trackbacks(0)
JAL、デンパサールから撤退
G.W初日に、いきなりJALのショッキングなニュースが入ってきました。

まさかまさかの成田ーデンパサール間が廃止に!

詳しくは→JALのサイトからどうぞ(4月28日付のお知らせに載ってます)

関空・成田共にバリ(デンパサール)からの撤退を決めたようです。
JALのマイルを貯めている杏にとっては悲しすぎるこのニュース・・・

10月1日から運休する予定だそうですが(関空発は9月30日から)、
せ、せめて来年の3月からにしてほしかった・・・

バリ(デンパサール)からの撤退ということは、、、
直行便はガルーダ・インドネシア航空だけになるってこと?

それって、色んな意味であまりよろしくないのでは・・・?

これからは違う航空会社のマイルを貯める方法を考えなきゃ。
さようなら、JALカード・・・
あんなにヒドイコーヒーや機内食も耐えてきたのに・・・

困りますJALさん、本当に。

とりあえず、急いで次の渡バリのプランを練り直しマス。

それでは皆様、よいG.Wを!!(笑)
JALでバリへ行かれる方は、最後の機会となるかもしれないので
存分にフライトを堪能(?)してきて下さいまし。

Nikmati penerbangan!


JUGEMテーマ:インドネシア:バリ島
11:29 BALI 全般 comments(5) trackbacks(0)
バリでの必需品@スッキリ編


暑さでモウロ〜となった時、このリップクリームのような姿の
この子が大活躍してくれます。

これ、タイではコンビニとかに置いてある、
とても身近なものらしいのですが、
私はまだ日本やバリで見かけたことはありません・・・(涙)

バリで知り合った人に教えてもらったのですが、

これを鼻の穴にスポッと入れて、反対側の鼻を押さえて
息を吸い込むと、あーら不思議。

スッキリ爽快になるじゃありませんか。

ただ人様に見せられる姿ではない・・・(汗)

メンソール(?)が強すぎてむせかえることも・・・(汗)

私はよくお手洗いでこっそりスーハーしております・・・。

もしタイに行くことがあれば、これを大量に買ってくるのに・・・。

今のところネットで購入しています。

そしてこれ、かなりモチがいいです。
今年の冬から使っているものがまだなくなりません。

日本では、暑い時もですが、眠気覚ましや
シャキッとしたい時に使用してマス。

色も他に黄色や紫などたくさんあって
見た目も可愛いのですヨ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

もう1つ。

スッキリするのに便利なものが、

ビ○レとかの「汗ふきシート」デス。



こんな感じの携帯用のシートを持っていきます。

これはUV効果もあるようなので更にいいかも。

汗だくでシャワー浴びたいけど、まだまだ浴びられない時とかに
腕とか首とか拭くだけでも随分気持ちいいです。

私はよく移動中の車内でふきふきしてマス(笑)

ほんとに暑いんですもの・・・
20:29 BALI 全般 comments(0) trackbacks(0)
バリでの必需品@エチケット編


誰かと一緒の旅だと、トイレタイムが少し気になりませんか?

家族とでも、同性でも異性とでも、

これさえあれば多少のアレは大丈夫!

その名も「トイレその後に 強力1滴消臭」デス。

スーパーやドラッグストアで気軽に買えるものなのですが、

これ、かなり優秀な商品で、1滴でかなり効果があります〜グッド

私は大抵勢い余って2〜3滴落としてしまうのだけれど(汗)

サイズも小さく(高さ約9センチ)携帯するのにも便利。

特にカップルだと男女問わず持っておくと安心かも。

バリだとお腹壊す確率が高いですし。

彼氏(旦那さん)が、ホテルのトイレにさりげなくこれを

置いてくれるような人だと、かなりポイント高いと思う。

逆に神経質かと思われてマイナスになる可能性もあるけど・・・。

女性は意外と匂いに敏感だったりするのですよ。

のほほ。

16:11 BALI 全般 comments(0) trackbacks(0)
サヌールでの移動手段 ベモ OR タクシー?


サヌール内の移動、皆さんどうされてますか?

杏はもっぱらベモを利用していたのですが、
今回意外とタクシーが便利だとゆーことに気付いて
しまいました(遅い?w)

サヌール内でしたらワンメーター(Rp.5.000)で
行けるところも少なくないので、
2人以上であればメータータクシーの方が
楽だしお得かもしれません。

ちなみにベモとは、決まったルートをぐ〜るぐると巡回している
乗合カーのことです。
メイン通りのJl.Tamblinganを通っているので、
この通りを散歩する時にはめちゃ便利です。

一度友人と2人でベモに乗って、
距離も短かったので
1人Rp.2.000支払ったところ、運転手のおじさんに
「1人Rp.3.000」と言われてしまいました。

その前は同じくらいの距離で
2人でRp.3.000でも大丈夫だったのに・・・
(この時はRp.1.000札が3枚しかなかったの・・・)
ダメ元で差し出したら、何事もなくOKだったので
ホントにこれは運転手さんにも依るのだと思います。

杏はだいたい、50(歩けよw)〜500メートルくらいだと、
Rp.2.000支払って、「足りない」と言われたり
難しい顔で首を横に振られたら、Rp.1.000足します。

ちょっと長めかな、と思ったらRp.3.000〜Rp.4.000。
で、これも「足りない」と言われたらRp.1.000足します。

絶対に自分から「いくら?」とか「いくら足りないの?」とは
聞きません(笑)

不安な顔はせず、威圧的にもならず、
毎日ベモに乗ってます。という雰囲気を出しつつ
「あれっ足りなかった?意外やんね」みたいな顔(どんな顔?)で
Rp.1.000渡し、笑顔で「サンパイ ジュンパッ(またね)」と
言ってササッと去ります(笑)

これで引き止められたことはまだないので、
金額がよっぽど足りない場合以外は大丈夫だと思います。

乗った時に行き先を告げたりもしません。
たまに運転手さんから「どこまで?」と聞かれたりすると
ルート沿いに目的地があれば、その名前くらいならいいます。
でも「いくらですか?」とかは聞きません。

「5万ルピアね。」とか言われても(←明らかに高い)
何を言ってるのかわからないフリをします。
聞こえないフリもします(笑)

目的地がルート上になくて、降りた後歩こうと思っているときは、
ルート上の一番近くにある、目印になりそうなお店の名前を
言います。
ルート上にない目的地を言ってしまうと、
その時点で白タク化して、連れて行かれて高額請求される
かもしれないので、なるべくルート上にある場所しか
言わないようにしています。

皆が皆白タクになるわけじゃないのですが、
なるべく面倒は避けたいので、私はいつも上記のように
しています。

サヌールに初めて泊まろうと決めた時、
こちらのサイト<サヌール ベモマップ保存版>
プリントアウトして持っていきました(笑)

サヌールを走っているベモのルートが記載されているので
ものすんごく便利デスおはな

::::::::::::::::: ベモの乗り方(杏の場合):::::::::::::::

メイン通りを歩いてると、タクシーやベモが「ブッブッ」と
音を出して合図してきます。

行きたい方向に走ってるベモで、乗る意思があれば
手をちょっと挙げて合図をすると、すぐに停まってくれます。

乗るときに「スラマッ シアン(こんにちは)」とか言いながら
乗り込んで、目的地を通り過ぎないよう、
窓の外を眺めます。

余裕があれば窓の外の景色を楽しんだり
乗り合わせたローカルの人や観光客との交流を楽しむのも
いいかもしれません。

私は目的地を見逃すことが結構多いので、
車内であまりヨユーはありません(汗)

ただドアや窓が開いてるので、
風を感じられるのはすごく気持ちがいいデス。

で、目的地が近づいたら、大きな声で
「ストッパー」と言ったら停めてくれます。
これも上記のyasuoさんのサイトで読んだことがあった気がする
のですが、今探したら見つからなかった(汗)

「ストップ、バパッ(男性の敬称)」の略した意味だと
書いてあった記憶があるけど、かなり自信はない・・・(汗)

他にも「ストップ」や「ストップ、プリーズ」でも何でもいいので、
取り合えず声をかければ停まってくれます。

で、車が停まったら・・・
車から降りて、開いている助手席の窓越しに
「テリマカシ(ありがとう)」と言いながら
お金を渡します。

車内ではなく、降りた後支払うのが一般的のようデス。

あくまでフレンドリーに、でもなめられない様に不安な顔はせず
笑顔で渡したら終了〜。

今まで嫌な思いをしたことはほとんどありません。

外国人だし、地元の人のベモを使わせてもらっているので、
少しぐらい多めに払うのは覚悟した方がいいと思います。

とはいえ、自分が払っている料金が安いのか高いのか、
それはよくわからん・・・。

今回はメイン通りから少し奥まった所に泊まっていたため
荷物が多い時や暑い時は、ベモではなくメータータクシーの
お世話になりまくってました。

だいたい50円とか、少し遠い場所からでも200円くらいで済んだので。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ちょっと気になったので、「サヌール、ベモ、料金」で
検索をかけてみました。

そしたらだいたいRp.3.000〜Rp.5.000くらいの幅のようですね。

距離に関わらずRp.5.000で統一したとゆー記事もありましたが、
私が利用した5月の時点では、Rp.2.000-3.000(短距離)でも大丈夫でした。

あんまり神経質にならずに乗れば楽しいと思います。(たぶん)
足りなければお金を足せばいいのですから。

支払いの時は、1万ルピアや2万ルピア札だと
細かいお金がないと言われたり、お釣りをもらえなかったりするので
Rp.1.000札を乗る前から用意しておくと安心デス。

あまりにも無茶な請求をされたら、もうRp.5.000置いて
去ればいいと思います。

サヌールのメイン通り沿いであれば、端から端でも
Rp.5.000で十分だと思うので・・・。

悪質な運転手で、もっと高額請求をされたら・・・
私だったらRp.10.000くらいまでなら払うかな?
戦うかな?どうだろう(笑)

日本円だと100円くらいでしょうか。
50円とか100円の金額で、せっかくの旅行中に
嫌な思いをするのは避けたいので・・・。
戦うと疲れるし、勝っても後味がほんとーに悪いのです・・・。

値段が気になって落ち着かないとゆー方には
もうメータータクシーをオススメいたします。

Rp.5.000に統一されるのであれば、
これからは近場はメータータクシー、
ルート内の長距離はベモ、ってな具合で
使い分けることになるかも・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ワッ! ここに書いた杏のベモの乗り方や料金は、2009年5月時のものです。

「サヌールでベモに乗りたいけどちょっと怖いな」と思ってる方の
参考になればと思い書いてみました。

あくまで「私はこうしてます/こうするだろう」的なものですので、
鵜呑みにせずその時のご自分の判断で、料金や乗り方等のスタイルを決めていって下さいまし。


「これが正解」ってのはバリにおいては存在しないようなものなので・・・

バリでは融通が利かず、ムキーとなることも多々ありますが、
ベモに関してはかなり融通が利くと思います(笑)

ルートから外れていても、他に乗ってる人がいなければ
「○○まで●●ルピアで行ってくれる?」と交渉して
タクシーのように利用することも出来ます。

私はこの交渉が面倒&苦手なので、
1度しか試したことはありませんが、
コミュニケーションに自信がある方や、ベモ上等(?)ってな
時にはいいかもしれません・・・。

友人の友人は、サヌールのベモでウブドまで行ったそうです(ツワモノ〜)
もちろん料金を交渉したそうなのですが、ものすごい破格でした(笑)
(お尻は絶対痛くなったと思う・・・w)

マナーとしては、人が乗ってきたら奥に詰めるとか挨拶をするとか、
そのくらいしか思いつきません・・・。

くれぐれも忘れ物やお財布等の貴重品には注意して下さい〜自動車


上の画像は、数年前にベモ内で一緒になった地元の女の子です。
学校帰りだったのかな?
すごいシャイだったんだけど、はにかんだ笑顔が可愛かったデス。

22:18 BALI 全般 comments(0) trackbacks(0)
キャノンさんの帰還


先日修理に出していたCanon EOS kiss X2が私のもとへ
戻ってきました・・・。

このキャノンさん(以下大きいコ)、今回のバリ旅行で
大活躍するはずだったのですが・・・・

1週間目で壊れやがった・・・・冷や汗

Alila ManggisからWaka di Ume へ移動した後、
Waka di Ume の部屋の写真を撮っていたら
急にシャッターが切れなくなったのデス。

とゆーか視界が真っ白!!

レンズを外すと・・・



内部のミラーが外れてました・・・撃沈 撃沈



こんな感じ(汗)

今まで使っていた小さいデジカメ(以下小さいコ)も持ってたので
写真が全く撮れなくなる最悪な事態は避けられましたが、
重いのにバリまで持って行って
目の前に素敵ルームが待ち受けてるのに・・・

撮れないこの悲しさはどうすりゃいいんですか。

キャノンさん。

購入してまだ半年も経ってないので
余計に悲しかったデス・・・。

その後誰かに出会うごとに、
カメラに詳しいかどうか聞いて(はた迷惑な・・・)
なんとかしようともがくこと数日・・・。

途中で知り合った方が、日本に知り合いの
カメラマンさんがいるから聞いてあげると言ってくれて
わざわざ電話してくれました(感涙)

で、そのプロのカメラマンさん曰く、、、、

キャノンのkissのミラー部分は接着剤のようなもので
留めてるだけだから、落ちやすいとのこと。

で、そんな事態になったらすぐにお店へ持っていくそう・・・。

・・・・

ここ、バリなんですけど(涙)

そんなお店あるの??

あっても修理に出したら、余計おかしくなって戻ってきそうじゃない?

そんなわけで、3週間目ぐらいにしてようやく諦めがつきました。

もう大きいコはバリへ持っていくのは厳しいかも。

重いし・・・(汗)

代わりに小さいコが大活躍(笑)

予備的に持って行った小さいコでしたが、
あなたがいなかったら、もう途方に暮れてました・・・
ありがとう・・・。

もう4,5年使ってるカメラなので
そろそろ買い換えようかと思ってたのだけれど、
もう少しこのコと一緒にいようかと思い始めました(笑)



頑張ってくれてどうもありがとう〜。


20:14 BALI 全般 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bali Modern: The Art of Tropical Living
Bali Modern: The Art of Tropical Living (JUGEMレビュー »)
Gianni Francione,Luca Invernizzi Tettoni,Luca Invernizzi
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND